「erp 刷新」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「erp 刷新」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp 刷新」に関するIT製品情報

導入期間わずか3カ月で、10年使える経営管理基盤を構築できた理由

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

企業成長に伴い、システム刷新の必要性を実感していたセキュアでは、ERPとCRMを連携させた経営管理基盤をわずか3カ月という短期間で構築できた。その理由とは?

脱Excel――「管理しない管理部門」を目指す、アトラエのバックオフィス刷新

freee株式会社

企業規模の拡大に伴い、少人数のバックオフィス部門では人事労務/会計の管理が困難になっていたアトラエ。Excelベースの管理から脱却すべく同社が導入した、クラウドERPの思想で設計された人事労務/会計ソフトの実力を紹介する。

繁忙期に間に合わせたい――米国卸売企業がERP導入を95日で成功させた秘訣

日本オラクル株式会社

短期間かつ低コストで導入できるクラウドERPの利用が広がっている。わずか95日でERPを刷新した米国の卸売販売企業は、3万種類以上の製品在庫および物流のリアルタイムな可視化を可能にし、高い成長率を実現しているという。

全てのクラウドERPが同じではない、“真のクラウドERP”の見分け方は?

日本オラクル株式会社

企業成長を加速しようと、ERPの刷新時に「クラウドERP」を検討する企業は多いが、クラウドERPの全てが同じメリットを提供できるわけではない。マルチテナンシーをはじめ、“真のクラウドERP”を見分けるポイントを解説する。

ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営

日本オラクル株式会社

法制度などが異なる海外子会社とのシステム連携には常に困難が伴う。ERPの刷新により本社と海外子会社の効率的な連結経営を実現した事例から、業務や財務数字を見える化し、グループ全体での経営やプロジェクト状況を把握する方法を探る。

「erp 刷新」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。