「erp 世界シェア ランキング」に近い情報
「erp」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「erp」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp」に関する記事情報

20年たってこう変わった、SAPのCRM、BI、ERP最新事情

SAPによると、国内企業のCRM、BI、ERPのシステム対応にはまだまだ課題点が残るという。それぞれの分野における“マズイ”点を指摘するとともに、SAPのSaaSの特徴を深掘りする。

基幹システムをRPAでストレスフリーに? 中小企業が考えた妙案とは

フルスクラッチで開発した基幹システムをERPに置き換えたものの、現場からは「帳票を出力するのにワンアクション増えた」といった声が数々寄せられた。そこで、“ストレスフリー”の基幹システムに変えるためにRPAの活用を思い付いた。

SAPが「2025年の崖」転落期日を延長、現行ERPは20年保証を明言

SAPの2025年問題について、SAP自身が延長を表明した。少なくとも2025年以降、5年間の猶予を提示する一方で現行のS/4HANAは今後20年間の保証を確約した。

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

ERPの導入状況(2018年)/後編

ERPの導入状況を定点観測。今回のアンケートでは、企業情報システムが直面する深刻な問題がいよいよ表面化しつつある兆候が見えてきた。皆が恐れていた事態が現実になりつつあるようだ。

ERPの導入状況(2018年)/前編

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

SAP ERPの「2025年問題」とは? 概要と対策

人手不足が本格化するといわれる2025年。この年、企業の基幹業務を支えてきた古い「SAP ERP」の保守サポートが終了する可能性がある。導入プロジェクトをけん引してきた人材が不在になる前に検討しておくポイントは?

部分導入か全体導入か、カスタマイズは必要か? クラウドERP導入前に確認すべきポイントを整理

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

いよいよERPもクラウド移行が本格化か? 今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント

ERPは企業の基幹システムであり、企業経営と密接に関係するものだが、そのERPもサービスを利用する流れにシフトしつつある。企業がクラウドERPに注目する理由と、基礎解説、導入のポイントについて探っていきたい。

「erp」に関するIT製品情報

生産管理の強化目的で導入したERPで顧客サービスの向上も達成

株式会社日立システムズ

太陽ケーブルテックは、タイ工場の生産管理を強化することなどを目的に、日立システムズのERPを導入したことで、判断スピードの迅速化や顧客サービスの向上を達成した。

Dynamics 365の使い勝手を改善、1クリックでExcel帳票を作成できるツールとは?

株式会社ソースリンク

CRMおよびERPアプリケーションとして広く利用されているDynamics 365。その導入に際して課題となるのが、これまで使っていたExcelの帳票が使えなくなることだ。その解決策となる、あるソリューションを紹介する。

Microsoftの「Power Platform」で開発、人事関連業務を網羅した注目アプリとは

株式会社ソースリンク

業務アプリケーション開発における手間やコストの課題を一掃するとして注目される、Microsoftの「Power Platform」。その機能や特長を解説するとともに、同プラットフォームを用いて開発された人事業務アプリケーションを紹介する。

ERPパッケージ「ProActive」(クラウド(SaaS)/オンプレミス)

SCSK株式会社

6,200社を超える導入実績を誇るSCSKのERPソリューション。

Dynamics 365 Business Central(ERP/基幹システム)

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

世界16万社以上の導入実績。多言語・多通貨対応ERP

「erp」に関する新着セミナー

【オンラインセミナー】GitHub Enterpriseを活用してビジネス競争力を向上しよう

マクニカネットワークス株式会社

2020/04/02(木)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員60名 | 開発

ERP/販売管理システム“スーパーカクテルイノーヴァ”販売・保守テンプレートご紹介セミナー

株式会社内田洋行

2020/04/17(金)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム

【オンラインセミナー】GitHub Enterpriseを活用してビジネス競争力を向上しよう

マクニカネットワークス株式会社

2020/04/22(水)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員60名 | 開発

「erp」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。