「erp シェア 2018」に近い情報
「erp シェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「erp シェア」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp シェア」に関する記事情報

「大規模企業向けERP」シェア(2015年度)

2015年度は導入社数ベースで1170社、金額ベースで760億円と見込まれた当市場。シェア情報を紹介する。

「大規模企業向けERP」シェア(2014年度)

795億円規模と見込まれる2014年度の国内大規模企業向けERP市場。シェア情報を紹介する。

「ワークフロー」シェア(2013年度)

2013年度、60億円と見込まれる国内ワークフロー市場。ERPなどの基幹業務パッケージとの連携需要などが高まる。シェア情報を紹介する。

「中堅中小企業向けERP」シェア(2013年7月)

各社が年商の拡大に力を入れる同市場では検討段階で競合した製品を知る取り組みなどが重要になってきている。シェア情報を紹介する。

「中小企業向けERP」シェア(2012年8月)

2012年、利用端末としてスマートデバイスが伸びた「中小企業向けERP」市場。現場レベルでのBI活用にも注目が集まる。シェア情報を紹介する。

「中堅企業向けERPパッケージ」シェア(2011年度)

2011年度の「中堅企業向けERPパッケージ」で前年比増となったベンダーは、業種テンプレートの拡充などによるところが大きい。シェアを伸ばした2位、3位ベンダーは?

「BIツール」シェア(2011年度)

ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得した1位のベンダーとは?

「中小企業向けERP」シェア(2011年度)

「中小企業向けERP」市場は、景気後退で抑制傾向にあったパッケージのリプレースが再開された。シェア情報を紹介する。

「中堅企業向けERPパッケージ」シェア(2010年度)

2010年度、前年対比2.9%増の349億円とプラス成長に転じた「中堅企業(年商50~500億円)向けERPパッケージ」。シェア情報を紹介する。

「大規模企業向けERP」シェア(2010年度)

2010年度、ライセンス料とサポート料を合わせた金額が772億円であった「大規模企業向けERP」。シェア情報を紹介する。

「erp シェア」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。