「episerver 日本」に近い情報
「日本」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「日本」に関する記事情報

【速報】Chromium版Edge、日本向けの配信は4月1日以降に延期へ

日本マイクロソフトはWindows UpdateによるChromium版Edgeの配信を、日本の利用者に限り、2020年4月1日以降まで延期する。確定申告などの行政機関向け手続きなどへの影響はひとまず回避できそうだ。

最新調査レポート:日本企業はどこまでデータを使いこなせているか

読者に聞いた「データ活用」の本当のところ。データ活用といっても、そのもとになるデータのありかを全て把握できている企業はどのくらいあるのだろうか。IT化やデジタル変革が叫ばれる中、実際の日本企業の「足元」はどのくらい準備ができているだろうか。調査では二極化する企業の実態が明らかになった。

AI人材はどこにいる?

日本ではAI人材が枯渇しているとはよくいわれていることだが、そもそもAI人材とはどのような人々を指すのか。またAI活用を進めている企業は、どこから人材を得ているのか。

日本ラグビーを支えるのは“個人プレー”のチーム、「ONE TEAM」を目指した4人の挑戦

2019年、日本を熱狂させたラグビー。その裏には国内ラグビーチームの強化と普及に努める日本ラグビーフットボール協会の存在があった。しかし、IT化が進んでおらず連携の取れていない“個人プレー”のチームだった。協会職員を「ONE TEAM」にするために、4人の有志が立ち上がった。

IT活用はアプローチ次第、先行企業と出遅れ企業で増収格差が広がる

アクセンチュアが日本を含む20カ国、8300社以上を対象にIT活用状況や組織への浸透度の実態調査を実施した。イノベーションの推進に成功している企業の特徴が明らかになった。

「5Gが天気予報の精度を30%も落とす」かもしれない件:541st Lap

5Gに熱い視線が注がれている。日本でも2020年春ごろに通信キャリアによる正式サービスの提供が予定される。高速で帯域幅が広く、遅延も少なく複数台がつながっても信頼性が高い、とにかく期待できる新たな通信規格だ。

データ分析は優先事項ではない? 日本企業のホンネ

データは企業の資産であり、その活用や企業の成長を左右するといわれるが、意外にも企業によってはデータ分析の価値がそれほど認識されていないようだ。一体なぜか。

中国・インド・ベトナムの実態とは? グローバル・ソーシングの現在地

国内のIT人材不足が叫ばれる中、企業はグローバル・ソーシングに取り組む必要に迫られている。日本におけるグローバル・ソーシングの実態について概観しながら、グローバル・ソーシングに求められる3つの勘所を紹介する。

日本RPA市場に乗り込んだ「Kofax」台頭なるか――感情を読み取るAIで機能強化も

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

「フェイクニュース」が登録商標になるかもしれない件:537th Lap

「フェイクニュース(Fake News)」という単語が一般的になりつつある。日本語にすると「虚偽報道」とでも言うべきか。つまり「ウソのニュース」だ。できれば消え去ってもらいたい。

「日本」に関するIT製品情報

顧客対応や入退管理を最適化、マンガで分かる「顔認証システム」の環境構築術

日本電気株式会社

オフィスの入退管理や来店した顧客情報の共有など、活用の幅が広がる顔認証システム。その利用シーンをマンガで分かりやすく解説するとともに、カメラの設置方法やシステム要件など、導入効果を最大化するための5つのポイントを紹介する。

マンガで分かる“顔認証”、導入/運用時にチェックすべきポイントとは?

日本電気株式会社

入退室管理にICカードを用いる企業は多いが、管理コストや紛失リスクなどの課題もある。そこで利用が拡がっているのが「顔認証」だ。そのメリットや導入/運用時のチェックポイントについて、マンガを用いて分かりやすく解説する。

「顔」と「虹彩」の組み合わせも エバンジェリストが語る生体認証技術の最前線

日本電気株式会社

さまざまなシーンで活用されるようになった「生体認証」。近年は、複数の認証を組み合わせた「マルチモーダル認証」の取り組みが進むなど、その可能性はますます広がっている。生体認証の最前線と未来を、エバンジェリストが語った。

セキュリティアナリストが手厚くサポート 月12万円からのサイバー攻撃対策

日本情報通信株式会社

インシデントの検知と対応の迅速化に欠かせないSIEM製品。しかし、従来の製品は専門スキルを要することが導入のハードルとなっていた。そこで低コストかつ、セキュリティアナリストによる導入サポートも付随したサービスが注目されている。

増えるのはデータと苦情だけ、“予算が増えないストレージ運用”の悩みと解決策

日本アイ・ビー・エム株式会社

終わらないバックアップ、週末の障害対応、容量・性能不足への苦情、コスト削減の圧力など、ストレージ運用にまつわる悩みは尽きない。予算は増えないが、データと苦情だけは増えるという状況に苦しむIT担当者はどうすれば救われるのか?

「日本」に関する新着セミナー

【AXELOS/PEOPLECERT認定】ITIL4ファンデーション速習1日研修(日本語版・大阪開催)

株式会社IT&ストラテジーコンサルティング

2020/02/07(金)09:30~18:00

  • 大阪府
8万8800円(試験受験料込・税別) | 定員20名 | 情報システム | 運用管理 | 開発

【2/12東京開催】クラウドサービスの積極的な活用に向けて ~ 増えるアカウントと管理の手間これからどうする? ~

日本電気株式会社

2020/02/12(水)14:00~16:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | エンドポイントセキュリティ | 運用管理

いま、リーダーが知っておくべき DX時代のセキュリティ対策

日本情報通信

2020/03/06(金)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 情報システム | エンドポイントセキュリティ | 物理セキュリティ

「日本」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。