「epicor 日本」に近い情報
「日本」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「日本」に関する記事情報

AI翻訳はどこまで実務で使えるか 「100種類超の文書を2カ月で翻訳」を迫られた神戸製鋼の実例

以前から日本語を母語としない従業員を採用してきたが、日本語の読み書きができないスタッフを迎え入れるのは初めてだ。しかし、社内文書の多くは日本語版。そこで自動翻訳サービスを利用することを思い付いた。しかし、セキュリティ、コスト、短期導入と求める条件は多い。神戸製鋼はどうしたか。

「No上司」「No部署」をやってみた会社の話

部長も課長も係長もいない会社は日本でも可能なのか。海外の著名なスタートアップをはじめ、ミレニアル世代を先導する成長企業が採用する手法を、純正日本企業が実践したら、どうなるか。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

日本企業が原因で「テープ」が不足している説:518th Lap

実は……という話でもないのだが、現在もエンタープライズITの現場で「磁気テープ」が使われている。「Linear Tape-Open(リニアテープオープン、LTO)」だ。

手作業大国ニッポンはストレス大国ニッポン? 「業務自動化に関する国際調査」で分かったこと

「業務自動化に関する国際調査」の結果、日本は「手作業大国」と判明。しかも手作業のストレスも最大級に感じているそうだ。

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

使っているとバカになる? Twitterに「知能への悪影響」疑惑:516th Lap

日本国内の月間アクティブユーザー数は4500万人、世界ユーザー数は3億3500万人といわれる「Twitter」。だがTwitterを使っていると、読解力や暗記力が悪化する可能性があるとの研究成果が発表された。

ダッシュボードが「大人気コンテンツ」に 日本製鉄のデータ活用はどうなっているか

1カ月当たり50万件、3000のデータベースから情報を取り出して従業員全員が仕事に生かすことは可能か……? 日本製鉄の大人気コンテンツ「ダッシュボード」が生まれるまでの奇跡を追った。

日本IBM“7年ぶりの日本人社長”が語る「日本企業デジタル変革」のリアリティ

日本IBM社長にはえぬきの社員が就任。日本の企業ITに「コグニティブ・エンタープライズ」を普及させるため「丁寧なコミュニケーション」と総力戦で挑むという。具体策はどうなっているか。

データを仕事に生かせる日本企業は「たった3%」、課題は人事にある

ガートナー ジャパンの調査によると、日本では半数以上の企業がデータを利活用しているものの、ビジネスで成果を得ている企業は少ない現状が明らかになった。

「日本」に関するIT製品情報

ネットワーク内部の脅威を即座に検知、日本マクドナルドに学ぶ「EDR」の選び方

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

グループを挙げてセキュリティ強化に取り組むマクドナルド。その日本法人では、入口対策をすり抜ける脅威の検知と、ネットワーク内部のリスクの可視化という課題を解消すべく、あるEDR製品を導入した。その決め手となったポイントとは?

アプリケーションのコンテナ化の進め方――手法と工数の最適な組み合わせとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

現在のビジネスにおいてアプリケーションのモダナイゼーションは欠かせないものとなり、コンテナプラットフォームやマイクロサービスの導入が急速に進んでいる。そこで本資料では、この概念の要旨とともに、開始のためのヒントを解説する。

駆付け不要を実現した地方型データセンターでBCP対策を実現

キヤノンITソリューションズ株式会社

自然災害が頻発する現在の日本においてBCP対策は全ての企業の課題だ。対策の1つとして、遠隔地のデータセンターにDRサイトを構築する方法があるが、選定には考慮すべきことが多い。ここでは、あるタイヤメーカーの事例を紹介する。

“データの収益化”を阻害する2つの課題、ストレージに求められる条件は何?

日本アイ・ビー・エム株式会社

デジタルトランスフォーメーションの核はデータ活用にある。しかし、国内企業調査では、データマネジメントとそれを支えるストレージインフラに多数の課題が見られた。マルチクラウド環境でますます複雑化する今、どう対応すべきなのか。

ヤフーがプライベートクラウド基盤に「オブジェクトストレージ」を選んだ理由

日本アイ・ビー・エム株式会社

「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは、従来のファイル・システムベースより柔軟性が高く、クラウド技術とも親和性の高いストレージの採用が急務だった。その解決策として、同社が「オブジェクトストレージ」に注目した理由とは?

「日本」に関する新着セミナー

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/07/23(火)10:00~11:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/07/30(火)10:00~11:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/08/06(火)10:00~11:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

「日本」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。