「eos名人」に近い情報
「eos」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「eos」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「eos」に関する記事情報

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

2015年、激変するクライアント環境、企業の最適解は?

SaaSやシンクライアント導入、OS XやChromeOS、Windows10の登場など2015年はクライアント環境が激変する。企業の最適解について考察する。

Windows Server 2003のEOSが契機に、中堅・中小企業クラウド活用

Windows Server 2003のサポート完全終了まであと10カ月、この節目に中堅・中小企業が検討すべきクラウド活用について徹底検証。

「eos」に関するIT製品情報

サポート終了目前のWindows Server 2008/R2、今からでも間に合う延命策とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2020年1月にEOSが迫るWindows Server 2008/R2だが、時間の制約からリプレースが難しいケースも多い。そこで、体制が整うまで既存OSを延命したい企業に注目されているのが、現環境のまま手間なく移行できるクラウドサービスだ。

機器のリプレース回数を減らしてコスト削減、「延命保守サービス」の実力とは?

株式会社フィールドワン

ネットワーク機器などシステムのリプレースと保守費用は、多くの情シス担当者を悩ませている。メーカーのEOSLによる短期間でのリプレースや、リプレース時の予想外の障害による改修費用の増大といった課題を回避する方法とは?

Windows Server 2008のEOSまでに終わらせる、Azure移行の3つのステップとは?

Veeam Software Japan 株式会社

Windows Server 2008の延長サポート終了が迫り、既存環境をAzureなどクラウドサービスへ移行する機運が高まっている。移行に必要な準備やテストといったプロセスを効率化し、短期移行を確実に実現するための3つのステップを解説する。

Windows Server 2008のEoSを機に考える、サーバ構成“全面刷新”のコツ

シネックスジャパン株式会社

Windows Server 2008/R2のサポート終了に伴い、多くの企業が移行作業に追われる昨今だが、単純リプレースよりもITインフラの全面刷新が最適な場合もある。企業の課題別に、サーバ移行や統合、仮想化など、最適な方法を提案する。

Windows Server 2008を容易に「延命」、OSやアプリの再構築が不要な方法とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了が間近に迫っているが、短期間でのOS移行にはさまざまなリスクがある。そこで注目したいのが、EOSを迎えるOS環境を“そのまま”クラウド移行する「延命策」だ。

「eos」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。