「eo光 ビジネス yamaha ルータ インターネット接続設定」に近い情報
「ビジネス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ビジネス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ビジネス」に関する記事情報

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

データを仕事に生かせる日本企業は「たった3%」、課題は人事にある

ガートナー ジャパンの調査によると、日本では半数以上の企業がデータを利活用しているものの、ビジネスで成果を得ている企業は少ない現状が明らかになった。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

「タブレット」シェア(2018年第4半期および2018年)

IDC Japanは「2018年および2018年第4四半期 国内タブレット端末市場実績値」を発表した。家庭市場は出荷台数が伸び悩んだが、その一方でビジネス市場は2018年第4四半期および通年ともに堅調な成長を見せた。プラス成長をけん引した要因とは。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

「ビジネス」に関するIT製品情報

求められる「Webセキュリティ」のグローバル対応、最初に取り組むべき対策は?

マクニカネットワークス株式会社

グローバルにビジネスを展開する企業にとって、国内外の拠点で統制の取れたWebセキュリティは欠かせない。とはいえ、まだ海外拠点の対応まではできていないという企業は多いはずだ。そんな企業は、どこから手を付ければよいのだろうか。

ビッグデータ活用に向けたPoCはなぜ失敗するのか、教訓から学ぶPoC成功の方程式

インフォマティカ・ジャパン株式会社

今やビジネスにおける浮沈の鍵を握るのは、紛れもなくデータだ。ただ、新ビジネスを創出すべくビッグデータ活用のPoCに取り組む企業は多いが、その失敗率も高い。失敗原因を把握し、その教訓を成功のための道しるべとしたい。

RPAで非構造化データ処理も自動化? コグニティブオートメーションの6ステップ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ビジネスプロセスの自動化で注目される「RPA」だが、中でも最大のトレンドが“認知機能”を追加し、意思決定などを支援する「コグニティブオートメーション」だ。そのメリットと、導入を成功させるための「6つのステップ」を解説する。

NRIが全社導入に選んだビジネスチャットの正体とは

株式会社野村総合研究所

働き方改革によりスピード重視のコミュニケーションが不可欠だ。シンプルなUIで誰でも簡単に気軽に使え、チーム内のコミュニケーションが劇的に加速。そこで注目したいのが、多彩な機能と安全性を両立したチャットツールMattermostだ。

コンテナ化がゴールではない、アプリケーションのモダン化に至る最適パスとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

アプリケーションをコンテナ化することは、モダナイゼーションへの優れた最初のステップとなる。しかし、真のビジネス価値を引き出すためには、モダナイゼーションの段階をさらに先へと進める必要がある。

「ビジネス」に関する新着セミナー

メジャークラウド(G Suite,Office 365, ビジネス版LINE/Facebook)活用セミナー名古屋

株式会社サテライトオフィス

2019/11/08(金)13:00~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員80名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール

CASIOビジネスソリューションフェア in東京

カシオ計算機株式会社

2019/10/16(水)10:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員なし | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール

中小企業のデジタル変革を支えるクラウドERP「Dynamics 365 Business Central」とは

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2019/10/07(月)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | 基幹系システム

「ビジネス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。