「emv、it用語、意味」に近い情報
「em」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「em」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「em」に関する記事情報

モバイル脅威対策「MTD」とは? MDMやEMMとの違い、製品選定のポイント

スマートフォンやタブレット端末などモバイルの脅威が、ここ最近深刻化している。「MDMやEMMを入れているから大丈夫」と考える企業はも少なくない。本当に現状のセキュリティ安心できるのだろうか。モバイル脅威対策「MTD」の必要性について解説する。

セキュリティ対策の最優先課題はやっぱりアレ……Dell EMCの実態調査レポート2019

KPMGコンサルティングとEMCジャパンのRSAが、企業におけるサイバーセキュリティ対策状況をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2019」を発表した。サイバー攻撃および不正侵入の検出状況や、企業にセキュリティ対策の最優先課題は?

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

見えてきた「5G」の世界、フェーズ1仕様とは?

次世代無線通信技術標準「5G」のフェーズ1仕様が確定した。「eMBB」「mMTC」「URLLC」と呼ばれる3つの技術に注目だ。

社会の味方か敵か、「ダークウェブ」の正体とは?

仮想通貨NEM流出事件で注目の「ダークウェブ」。犯罪行為の温床になる仕組みから、本来の意義までを徹底解説する。

「ピッチ」よ、さらば:463rd Lap

「PHS」を覚えているだろうか? 携帯電話が爆発的な普及を見せた1990年代半ば、その通信料金の安さから若者に支持されたあの通信端末だ。正式名は「Personal Handyphone System」。愛称は「ピッチ」だ。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox……本命は?

NB-IoT、LTE-M、LTE(Cat.1)、LoRaWAN、Sigfox。IoTニーズを満たす無線として注目を集めるLPWAだが、どの規格を選べばよいのだろうか。表で徹底比較し、ポイントを解説する。

ひとり情シスを救うための終活? 「もう1人じゃない」を実現する方法

1人で情報システム部門の担当者を務めるひとり情シスの苦悩は、古今東西で共通して深い。この状況を打破するべく、Dell EMCが立ち上がった。施策の中には、「終活ソリューション」といった耳慣れないものもあるが?

「SIM/SIEM」シェア(2016年度)

統合ログ管理ツール(SIM/SIEM)の2016年度の国内市場は約74億円。シェア情報を紹介する。

「em」に関するIT製品情報

5分で分かる、HCI導入の明暗を分ける「3つの選択肢」と「10個の落とし穴」

EMCジャパン株式会社

ITインフラのあらゆる課題を解決する「万能薬」のように語られることもあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、その選択肢は1つではなく、回避すべき落とし穴も多い。製品選定で失敗しないためには、どこに注意を払うべきだろうか?

「第2世代AMD EPYC搭載サーバ」徹底解説――導入企業のエックスサーバーも登壇

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

2019年8月にリリースされた新サーバCPU「第2世代AMD EPYC」は、その性能から熱視線を注がれているが、全てのサーバがそのメリットを引き出せるわけではないという。注目すべき性能とともに、搭載サーバに求められる条件、用途を識者に聞いた。

Wワンタイム2要素認証「SECUREMATRIX」

株式会社シー・エス・イー

「SECUREMATRIX」は、ワンタイムパスワードによるマトリクス認証と、ワンタイム証明書を利用したデバイス認証を組み合わせた2要素認証を実現する。

月12万円から始められるSIEMソリューション――サイバー攻撃に迅速・適切に対応

日本情報通信株式会社

サイバー攻撃の高度化やクラウド利用に伴うシャドーITの増加など、セキュリティ環境は複雑化の一途だ。さまざまなクラウドのログを取り込み相関分析して判断できるSIEMソリューションが最適だ。

Zeekの単一センサー比で5倍の効果、脅威ハンティングを変えるメタデータの進化

Vectra Japan株式会社

脅威ハンティングではメタデータを活用した調査が必要だが、ほとんどの場合でセキュリティデータは散在した状態にある。そこで注目されているのが、セキュリティに特化したメタデータをSIEMやデータレイクに転送するアプリケーションだ。

「em」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。