「edr 製品比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「edr 製品比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「edr 製品比較」に関する記事情報

EDRやSDPの動向は? 2020年以降のセキュリティトレンド大解剖

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

「EDR」とは何か? 比較される「EPP」と何が違うか

既存の防御の網の目をすり抜けて侵入した脅威に対し、効果を発揮するEDR(Endpoint Detection and Response)。導入企業からは「効果がイマイチ分かりにくい」「運用が難しい」の声も聞くが、EDRの正しい認識や選定方法、運用のポイントを知ることで、その本来の価値を引き出せる。

無償のWindows Defenderって使っている? エンドポイント対策最前線

シグニチャベースのアンチウイルスソフトが限界を迎えるなか、EDRをはじめとした新たなエンドポイント対策が広がり始めている。無償提供されているWindows Defenderの利用も踏まえ、これからのエンドポイント対策の最適解について考えてみたい。

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

徹底比較 Office 365とG Suiteで考える、全社基盤としてのオンラインストレージ

採用が進むオンラインストレージだが、何を基準に選べばよいのか悩む企業は多い。Microsoft OneDriveとGoogle Driveをピックアップし、本格的に導入するためのチェックポイントを紹介する。

「EDR」導入の前に知っておくべきこと

どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集めている。

どっちが使える? OneDrive とGoogle ドライブ、それぞれの特徴とは

Office 365とG Suite(Google)、どちらの使い勝手がお好き? OneDrive for BusinessとGoogle ドライブの特徴をそれぞれ整理する。

「edr 製品比較」に関するIT製品情報

侵入後の対処が重要に、エンドポイントセキュリティとEDRの統合が必要な理由

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃が巧妙化し、EPPによる予防に加え、EDRによる事後対処の必要性も高まっている。しかしEPPとEDRを異なるベンダー製品で運用してしまうと、運用負荷の増大と非効率化という課題を生む。両者を効率的に機能させる方法とは。

エンドポイントセキュリティサービス「TrustShelter/EPP」

NTTテクノクロス株式会社

次世代アンチウイルスとEDRをまとめて提供。サポート充実で担当者の負担を減らし、企業の不安を解消する。

高度なマルウェア対策には何が必要? EPPとEDRの違いとは

株式会社日立ソリューションズ

EDRは未知のマルウェアに有効な対策だが、検知率が低いアンチウイルスを導入していると、調査対応などの運用負荷が高くなるなどの課題もある。重要なことは検知率の高いEPPとEDRを連携し、運用全体を効率化することだ。

EDR3つの課題:攻撃の巧妙化、検知回避、対応遅れによる侵害拡大に備える

ファイア・アイ株式会社

攻撃が巧妙化する中、ますますエンドポイント対策の重要性が増している。検知回避など高度な攻撃を迎え撃つには、侵入を前提とした対策が重要だが、そこにはさまざまな課題がある。これら課題を解決するEDR製品選定のポイントとは?

ネットワーク内部の脅威を即座に検知、日本マクドナルドに学ぶ「EDR」の選び方

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

グループを挙げてセキュリティ強化に取り組むマクドナルド。その日本法人では、入口対策をすり抜ける脅威の検知と、ネットワーク内部のリスクの可視化という課題を解消すべく、あるEDR製品を導入した。その決め手となったポイントとは?

「edr 製品比較」に関する新着セミナー

エンドポイントセキュリティ(NGAV/EDR)ウェビナー ラテラルムーブメントの可視化の先に見えるもの

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

2020/09/30(水)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員500名 | 情報システム | ネットワークセキュリティ | エンドポイントセキュリティ

ビッグデータ解析とEDRで備える次世代エンドポイントセキュリティ対策セミナー

サイバネットシステム株式会社

2020/10/21(水)13:30~14:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | エンドポイントセキュリティ

「edr 製品比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。