「dr対策」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「dr対策」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「dr対策」に関する記事情報

企業における「BCP」「DR」対策状況(2018年)

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。業務で発生したトラブルや災害対策状況など、企業における「BCP」「DR」の対策状況が明らかになった。

「dr対策」に関するIT製品情報

自社に最適なBCP/DR対策を実現、復旧を迅速化する設計自在のベアメタルサーバ

KDDI株式会社

BCP/DR対策は、あらゆる企業にとって必須のミッションだ。特に、重要な業務システムのダウンタイムゼロを目指すならDRサイトは欠かせない。そこで参考にしたいのが、コスト・設計の最適化に成功した霧島ホールディングスの事例だ。

BCP/DR対策で注目の沖縄データセンター、回線コストの安さで勝負できる理由は

キヤノンITソリューションズ株式会社

BCP/DR対策の要として、多くの企業から選ばれている地方型データセンター。その中でも、地震リスクの少なさや通信コストの安さで注目されている沖縄データセンターについて、そのサービスを支えるイーサネット専用線を中心に紹介する。

リストアしつつ代替VMで業務継続、“止めない”BCP/DR対策の実現法とは?

arcserve Japan合同会社

バックアップ/リカバリー環境のクラウド移行が進む一方で、そのコストメリットやリストア時間、信頼性などに懸念を抱く企業はまだ多い。従来のクラウドバックアップ製品の課題を解消し、クラウド時代に適したBCP/DR対策を実現するには?

BCP/DR対策で注目、日本グッドイヤーが「沖縄データセンター」に見出した利点

キヤノンITソリューションズ株式会社

災害発生時などを想定したBCP対策に課題を抱えていた日本グッドイヤー。同社はDRサイトの構築に当たって、なぜ「沖縄データセンター」を選んだのか。同社がコストと運用負荷を抑えつつDRサイトを構築できた理由を探る。

東日本大震災で何が起こっていた? 教訓から学ぶ大規模災害を想定したDR対策

株式会社データドック

2011年の東日本大震災による被害額は最大25兆円とも試算されているが、停電やデータ通信網の切断など、電力/通信インフラにおけるダメージも相当なものとなった。DRの観点から改めて被害の実情を検証し、そこから得られる教訓を考える。

「dr対策」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。