「dbの暗号化」に近い情報
「dbの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「dbの」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏えいのリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏えいを防ぐ。

「dbの」に関する記事情報

リクルートが脱Excelで成約率を4倍に拡大、kintoneによるパートナーとのコラボDBの作り方

リクルートが手掛けるモバイルPOSレジアプリ「AirREGI」、販売パートナーと受発注の管理をExcelで行っていたが、脱Excelを決意。その後同社がパートナーと作り上げたコラボDB、その驚くべき成果とは。

「dbの」に関するIT製品情報

高速分析基盤からAIまで対応、簡単・高速・低コストな「自律型DB」の実力とは?

日本オラクル株式会社

短期間でのDB構築を実現し、セキュリティやチューニングの自動化など“簡単で誰でも使える”機能を備えた「自律型DB」。高速分析基盤からAI・機械学習などあらゆるデータ分析ニーズに応えるその実力を、ユーザーの声を交えて解説する。

複数DB混在でBCP対策に不安、三菱アルミニウムが活用したOracle DBの新機能とは

TIS株式会社

三菱アルミニウムでは、複数のデータベースが混在するシステムにより、運用管理の負荷増大やBCP対策など、数々の問題に直面していた。それらデータベースを集約するとともに、DRサイトも構築して耐災害性を向上させた方法に迫る。

クラウドサービスとOracle DBの融合が生み出す「3つのメリット」とは?

富士通株式会社

システムのクラウド移行は多くの組織で進んでいるものの、移行の結果、当初の期待値とのギャップを感じるケースもあるという。特につまずきやすいクラウド上のシステム構築、既存システムとのデータ連携をスムーズに行うための解決策とは。

Oracle DB環境をワンクリックで構築――DBのクラウド移行における最適解とは

富士通株式会社

クラウドファーストを方針にICT環境の刷新に取り組むカネカだが、利用しているOracle Databaseのクラウド移行には技術や運用に伴う課題が浮上していた。解決策となったのは、クラウド上でOracle Databaseの全機能を提供するPaaSだった。

Oracle DBのクラウド移行を簡単に、カネカに学ぶPaaS活用術

富士通株式会社

カネカは社内システムをクラウドに集約することで、IT部門の運用負荷やコストを削減し、環境変化に柔軟に対応できる体制を整備しようとした。そこで課題となったのが、Oracle Databaseの移行の難しさだ。同社はどう課題を解決したのか。

「dbの」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。