「dリンク ワイファイ 接続 dba1510p」に近い情報
「接続」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「接続」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「接続」に関する記事情報

“回転すし屋”のアプローチが必要なIoTセキュリティ実装

全てのものをインターネットに接続する手段であるIoT(Internet of Things)。第4次産業革命におけるキーテクノロジーの一つであり、企業変革をもたらすキーフレームとしての役割を持つIoTは、既に多くの企業で積極的に活用されていることだろう。ただし、インターネットに接続可能なIoTデバイスだけに、これまでのITと同様、セキュリティに対しては配慮が必要だ。そこで今回は、そんなIoTセキュリティにおける現状と、理解しておきたいセキュリティの考え方について紹介したい。

今さら分かった! USBコネクターに裏表がある理由:519th Lap

1990年代終盤に登場した「USB」。PC周辺機器の接続インタフェースをほぼ統一した、ありがたい存在だ。同時にプラグアンドプレイも実現し、複数機器を接続するのも容易だ。最近はモバイル機器などに電力を供給するACアダプターのように使われることも少なくない。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

1人情シス組織のクラウド移行にも ネットワーク運用管理アウトソーシングサービス

1人情シスでも事業所とクラウドとの間をVPNで安全に接続して運用できるアウトソーシングサービスが登場した。接続設定もウイルスチェックも任せられる。

「USB 3.2」発表の裏で「USB4」が登場、規格の整理が追い付かない:505th Lap

PCに周辺機器を接続する手間を大きく軽減させた規格といえば「USB」だろう。正式名称は「Universal Serial Bus」だが誰も気にしていない。2019年2月に最新規格の「USB 3.2」の詳細が明らかになったと思ったら「USB4」も出てきた。

5G本格サービス開始前に早くも見つかった脆弱性とは?:503rd Lap

2020年に本格サービスが開始されるといわれる「第5世代移動通信システム」、いわゆる5G。超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延が大きな特徴で期待される。だが深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が見つかってしまった。

Yahoo! BB ADSL終了? いやいや、まだ終わらんよ:499th Lap

ほとんど耳にすることもなくなった「ブロードバンド」という言葉。「常時接続」というワードも懐かしい限りだ。憧れのネット環境を「ビービーしよう。」してくれたサービスが終わるらしい。

100万台超の無線デバイスを低遅延で接続可能に!  新無線アクセス方式「STABLE」

多数の無線デバイスが同時接続しても遅延を最小限にして十分な品質で通信できる「超多数接続・低遅延」技術として国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発に取り組んだ「STABLE(ステーブル)」について解説する。

「脳をネットワークでつないじゃう技術が“爆誕”」というウワサは本当? 読者に聞いてみた

「人間の脳同士をネットワークで接続して直接意思の疎通ができるようにするブレインマシンインタフェース技術がついに実用化した」という、ウソかホントか分からないネタが聞こえてきた。読者の役3割が本当と回答したこのウワサの真相は?

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

「接続」に関するIT製品情報

学認への接続を容易に実現。学内統一認証基盤としても多岐に活用

株式会社ネットスプリング

学術認証フェデレーションへの接続と、積年の課題となっていた学内統一認証基盤の整備を同時に進行した京都府立大学。短期間でこの2つを実現した秘策を探る。

データセンターとクラウド間通信の課題を一掃、「SD-WAN」の実力とは?

株式会社日立システムズ

クラウドの普及によりネットワークの流れが変化したことで、データセンターのインターネット接続が多くの企業でボトルネックとなっている。そこで注目したいのが、回線コストの増大や拠点間通信の管理といった課題を一掃する「SD-WAN」だ。

加速する基幹系のクラウド化 Oracleも含めたマルチクラウドへの変貌を実現

株式会社日立システムズ

多くの企業が、基幹システムの次期更新時にクラウド化を予定している。昨今のトレンドであるマルチクラウドでの基幹系システム利用に向け、他のパブリッククラウドと容易に接続できるマルチクラウドにOracleを包含、新たにリリースを予定。

ソフトウェア定義ネットワーク製品導入戦略ガイド

マクニカネットワークス株式会社

ソフトウェア定義ネットワークのトレンドは、他のビジネス分野にも影響を及ぼす。本PDFはキャンパスLAN設計、SDNとDevOpsの違い、コンテナへの接続方法について解説する。

米国医療機関が電子カルテ更新に合わせて無線LAN製品をアップグレードした理由

マクニカネットワークス株式会社

16万人の医療を支えるMCH Odessaは、増え続ける接続数をカバーするため、無線LANの刷新に踏み切った。ただ、来院者だけでなく職員も利用するため、クリティカルなアプリケーションもサポートする必要があるが、どう乗り切ったか。

「接続」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。