「ctcフォーラム 2018」に近い情報
「2018」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「2018」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「2018」に関する記事情報

無線LANの導入状況(2020年)/後編

前編では無線LANの導入率は年々増加する傾向にあることに触れたが、後編では運用状況について尋ねた。2018年と同様まだ浸透が見られないクラウド型無線LANだが、その理由とは?

「サーバ」シェア(2019年通年)

IDC Japanは、2019年通年の国内サーバ市場動向の調査結果を発表した。2018年と比較し売上額、出荷台数ともに首位のベンダーは変わらなかったという。

「PC」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは、2019年通年と2019年第4四半期のPC出荷台数ベンダー別シェアを発表した。2018年と比較すると大きく躍進したベンダーがあったという。

今後IoTデータは5.8倍に? 膨らむデータとともに重要性を増すIoTインフラ市場

IDC Japanは、IoTのエンドポイントデバイスが生成するデータ量は2018年の13兆6億GBから2025年には79兆4億GBに達するという。

Wi-Fi 6が出たと思ったら今度はWi-Fi 6E? これはいったい何?

2018年10月に「Wi-Fi 6」の登場が話題になってから1年3カ月で今度は「Wi-Fi 6E」が発表された。どちらも無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に基づいた認証プログラムだという。分かりやすくなったようで、実はそうでもない「Wi-Fi」、ここで「6E」の正体とともに、無線LAN規格 全体のイメージを確認しておこう。

勤怠管理システムの利用状況(2019年)/前編

「働き方改革関連法」が施行されてそろそろ1年がたとうとするが、組織における勤怠時間の管理意識はどう変化したのか。2018年の調査結果と比較するかたちで、勤怠管理システムの利用実態を探った。

IT投資は2019年度以降も増加基調、特に伸びるソフトウェアは?

矢野経済研究所が、2019年度の国内企業のIT投資実態と今後の動向に関する調査をまとめた。2018年度のIT市場規模を前年度比2.8%増の12兆4930億円と推計する。

IT資格の取得状況(2019年)/前編

前編では、「現在保有している資格」「今後取得したい資格」「注目している資格」などを読者に尋ねた。2018年の結果と比較すると、資格の保有動向に変化があった。あえてIT関連以外の資格にも注目が集まるのはなぜか。読者調査からIT資格のトレンドを読み取った。

「ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム」シェア(2018年)

国内の企業の間で、ネットワークの仮想化および自動化が進む。企業はどのベンダーのサービスを利用しているのだろうか。IDC Japanが2018年の売り上げ別市場シェアを発表した。

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/ 前編

名刺管理にまつわる本音を探るために、勤務先での名刺管理状況と望む管理方法について尋ねた。名刺管理ツールを勤務先で導入してほしいかという問いでは、2018年の調査と結果が逆転し、勤務先に名刺管理ツールの導入を求める声が多く寄せられる結果となった。

「2018」に関するIT製品情報

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

経費書類の電子化容認後も負担の減らない経理部門、その解消策となる技術は?

SCSK株式会社

2018年の電子帳簿保存法の改正後も、国内企業の経費精算業務の電子化は進んでいないようだ。経理財務部門の担当者を調査したところ、その多くが業務を電子化できず、負担に苦しんでいた。ただ、その課題から見えてきた解決策もあるという。

国内3社に1社が侵入の危険度高、標的型攻撃には侵入段階別の可視化と対策を

トレンドマイクロ株式会社

近年の標的型攻撃は、その侵入の隠匿に長けており、ますます「気付けない攻撃」になっている。だが、深刻な被害につながる標的型攻撃にも、有効な対策はある。2018年の標的型攻撃データを基に、技術的対策のポイントをまとめた。

年間20%近い成長率、急成長を遂げる「サブスクリプションエコノミー調査」

Zuora Japan株式会社

サブスクリプションビジネスでは2018年も右肩上がりの成長が続いた。特にB2Cは解約率も低下し、B2Bを上回る成長率を見せている。多様なビジネスモデルに広がるサブスクリプションの実情はどうなっているのか、最新動向を読み解く。

「クラウド・バイ・デフォルト原則」を基に考える、5つのメリットを得る移行術

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2018年に政府が発表した「クラウド・バイ・デフォルト原則」により、クラウド移行が一層推進される流れとなった。しかし、メリットを理解しつつも、いまだに移行に関して不安を持つ企業も多い。それを解消する方法を解説する。

「2018」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。