「cs it用語」に近い情報
「cs」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「cs」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「cs」に関する記事情報

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

NPSは顧客満足度(CS)と何が違うか? KDDIが採用した法人顧客エンゲージメントの新指標、その意味と意義

顧客の満足度を測る新しい指標「NPS」は、今までの顧客満足度(CS)と何が違い、どう効果を生むのだろうか。効率の良いサービス開発に向け、顧客エンゲージメント指標を採用したKDDIの狙いを聞いた。

MyAnalyticsとは? 組織分析ツールとの違い、使えるOffice 365のプラン

仕事を頑張りすぎて病んでしまう、最近はそんな話もよく聞く。そうならないために、自身の働きぶりの健全性を客観的視点で分析するのがマイクロソフトの「MyAnalytics」。組織分析ツールとは何が違うのか。MyAnalyticsを使える「Office 365」のプランとは。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

調査で分かった829社のセキュリティ対策実態2019

IDC Japanは、国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査結果を発表した。2019年のセキュリティ投資分野やCSIRTの設置状況、過去1年のセキュリティ被害状況と被害額などについて明らかにした。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

実践的サイバー防御演習「CYDER」って何?

組織内LANへのマルウェア侵入を想定した実践的サイバー防衛演習「CYDER」。組織内CSIRT担当者を養成する訓練の全容とは?

もはや待ったなし、危機管理の決め手「CSIRT」構築

日本年金機構の漏えい事故に学ぶ。予防から再発防止対策までをつかさどる「CSIRT」の意義と構築のための基礎知識を解説。

SSLニーズ急増のワケは? 注目されるADC事情

サーバの負荷分散やオフロード処理などアプリケーションを最適な形で送り届けるADC。SSL処理のニーズが急増する昨今、あらためてADCの最新動向を徹底解説する。

「cs」に関するIT製品情報

バックアップ性能が大幅向上、検証結果で見る次世代データ保護製品の実力

SB C&S株式会社

バックアップすべき環境が物理・仮想・クラウドと広がる中でも、バックアップの所要時間の短縮、バックアップ容量の削減という課題は変わらない。そこでバックアップ環境を効率化するソリューションの組み合わせを検証した。

ベンダーが異なる場合でもファイルサーバのデータ移行を効率的に行う方法とは

SCSK株式会社

ファイルサーバの更改時のデータ移行においては、データ移行の手法が課題となることが多い。そこで注目されるのが、異なるベンダー間のNASやWAN環境でもデータ移行を効率的に実施できるマイグレーションツールである。

VDIの技術面/コスト面の課題を一掃、スモールスタートを可能にする方法とは?

SB C&S株式会社

VDIが求められる場面は増加しているが、技術面や運用面、コスト面のハードルは高く、特に中小企業ではまだ導入が難しいのが現状だ。これらの課題を解消し、VDI導入をシンプル化する方法と、その実現に役立つサービスを紹介する。

1人情シスでも可能なCSIRT/SOC運用、オンプレもクラウドも一元管理を実現する

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

セキュリティ強化のためにCSIRT/SOC運用を始めたくとも、IT人材不足の企業には荷が重い。特に、オンプレミス環境とクラウド環境を併用していればなおさらだ。そんな企業に注目してほしい、クラウド型セキュリティソリューションがある。

Pure StorageとVeeam連携による快適バックアップ&リカバリー

SB C&S株式会社

多様なデータがストレージに保存される昨今、仮想マシンの保護は重要な課題だ。特に既存インフラの性能に影響のないバックアップの実現は管理者の悩みのタネとなる。こうした悩みはPure StorageとVeeamの連携ソリューションで解決できる。

「cs」に関する新着セミナー

【NEC主催】RPAハンズオンセミナー NEC Software Robot Solution 実践編

日本電気株式会社

2020/03/11(水)09:30~11:30

  • 東京都
無料 | 定員各8名 | PCソフト

超高性能と使いやすさを両立したHPC「NEC SX-Aurora TSUBASA」フォーラム

日本電気株式会社 AIプラットフォーム事業部 SX-Aurora TSUBASAフォーラム事務局

2020/03/06(金)13:00~19:00

  • 東京都
無料 | 定員100名 | サーバー | データ分析 | データセンター

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー

SCSK株式会社

2020/03/19(木)14:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 基幹系システム

「cs」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。