「crpとは」に近い情報
「cr」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「cr」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「cr」に関する記事情報

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

MM総研が、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の読み取りに対応したAI-OCR製品を使い、文字の認識率の検証を実施した。既存のOCR製品と比べて、どこまで実用水準に達しているのか。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

社内情報共有ツールの利用状況(2019)/前編

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。2018年の同調査と比べて、Microsoft Teamsの利用率が上がるなどの変化が見られた。

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

RPA+OCRで残業はどのくらい削減できる? パナソニック ソリューションテクノロジーの事例に学ぶ

世に先んじてRPAとOCRの連携に取り組み、業務効率化の効果を出したパナソニック ソリューションテクノロジー。その舞台裏には何があったのか。

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

Googleスプレッドシートとは何か

Googleスプレッドシートは、G Suiteのビジネスツールの1つで、表やグラフの作成から多彩な関数を駆使した高度なデータ分析まで幅広く使える表計算アプリケーションだ。Microsoft Excelとの違いはどこにあるのか。

「cr」に関するIT製品情報

労働人口減や残業規制……待ったなしの生産性向上を実現するRPAやOCRの活用法は

株式会社日立システムズ

労働人口の減少、残業時間への法規制強化などが進む中、生産性向上への取り組みは、あらゆる企業に欠かせないものとなりつつある。そのためにはRPAやOCRなどを組み合わせ、業務の効率化を図りたい。

請求書処理はAIでどれだけ楽になる? クラウド型OCRソリューションの実力とは

株式会社リコー

データ入力や確認、突合チェックなど、ただでさえ手間と時間を要する請求書処理業務だが、特に月末/月初は担当者の負荷が増大しミスが生じやすい。こうした課題を解決するものとして注目されるのが、AI技術を使ったOCRソリューションだ。

コールセンターを事業活動に貢献する”プロフィットセンター“に変革させるには

富士電機ITソリューション株式会社

コールセンターやお客さま相談室は従来、顧客からの問い合わせや苦情を受け付けるポジション、という位置付けだった。しかし近年、CRM導入で顧客満足度の考え方が浸透するに伴い、その位置付けを見直す動きが生まれている。

「AI-OCR」はもはや必須? 経費精算システム選びで重視すべきポイント

SCSK株式会社

経費申請・精算業務を効率化する「経費精算システム」。多様な製品の中から自社に合うシステムを選ぶには、重視すべき機能を押さえておく必要がある。注目される「AI-OCR」機能をはじめ、製品選定のポイントを解説する。

コールセンター業務の効率化で顧客満足度向上、事例に学ぶCRMシステム活用術

株式会社ラクス

優れた顧客体験を提供する役割が求められるコールセンターにおいて、業務の効率化や対応品質の平準化が課題となっている。それらを解決する手段として定番化しているのが、CRMシステムだ。4社の事例を基に、その実力を探る。

「cr」に関する新着セミナー

帳票レイアウト作成からテスト実行までを体験できる 「Create!Form V11.1」ハンズオンセミナー

インフォテック株式会社

2019/09/05(木)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム | 情報システム | 開発

ユーザー事例とデモで学ぶ「Create!Form V11.1」セミナー

インフォテック株式会社

2019/09/19(木)16:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム

Microsoft Office 365 活用セミナー

株式会社ネクストセット

2019/09/02(月)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | PCソフト

「cr」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。