「cmm.r18」に近い情報
「cm」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「cm」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「cm」に関する記事情報

移動体の位置情報の活用標準「OGC Moving Features」とは?

移動体の状況が把握できるオープンな地理空間情報記述とアクセス方法を定めた国際標準仕様「OGC Moving Features」とは一体何か?

SCM改革は財務経理を救う? 「ヒト」「モノ」と「カネ」で将来を見る「S&OP」

「この金額の根拠は?」という問い合わせに、すぐ回答できる次世代SCMはどういう仕組みか。戦略的な「ヒト」「モノ」「カネ」の計画方法のトレンドを紹介する。

「売れたのに利益にならない」を解消する最新SCMとは?

過去のSCM導入ブームの反省を生かした次世代SCMとは? 将来を予測するための実績管理とコントロールの手法を整理する。

SCMの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツール導入後に分かった課題とは?

SCMの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツールの利用状況が明らかになった。

汎用CPUの1800倍、近似アルゴリズム特化の「CMOSアニーリング」とは?

組み合せ最適化問題を従来の1800倍のエネルギー効率で計算可能な新型半導体コンピュータが登場した。汎用CPUとの違いを徹底解説。

MDMとは何が違う? 「MCM」が注目されるワケ

MDMに付随した機能として捉えられてきたMCMだが、その特徴的な機能や導入メリットはどのような点にあるのか。MDM、MAM、MCMのすみ分けポイントとは? 基礎から選定時の注意点まで徹底解説する。

モバイルファースト時代に押さえておきたいCMSの選び方

Webサイトの構築や運用にはCMS利用が当たり前。しかし、スマートデバイスが急速に浸透する中、CMS側ではどのような対応が可能なのか。最新CMS動向を詳しく解説する。

「WCM」シェア(2011年度)

企業のサイトが情報提供ツールからマーケティングツールへと進化する中、年々重要性が高まる「WCM」市場。シェア情報を紹介する。

「ECM」シェア(2011年度)

2011年度、49億円規模に達するECM市場。急増するコンテンツの管理や共有ニーズにより注目が高まる。シェア情報を紹介する。

「cm」に関するIT製品情報

Webサイト構築・運用ソフトウェア とんがりくんCMS

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ

シンプルな機能とセキュリティ対応で安心。人にやさしいCMS

Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」

株式会社ディバータ

多機能標準搭載だから低コスト、Webサイト構築を支援する国産CMS

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase

Hyland Software, Inc.

導入企業1万7000社! ノンプログラミングで構築できるECM

コンテンツ管理やナレッジ共有の課題を解決 オープンソースECMの魅力を知る

株式会社イージフ

社内で飛び交うさまざまなコンテンツをいかに管理し、効率的に共有・活用するかは、多くの企業にとって重大なテーマとなっている。解決策の1つである、オープンソースのコンテンツ管理ツールの魅力と可能性を、あらためて確認しよう。

日産自動車に学ぶ適材適所の人材管理、IT部門と人事部門を連携させる秘訣とは?

ワークデイ株式会社

日産自動車では、長年にわたり人材管理システムを活用しているが、適材適所の人材配置に課題を抱えていた。そこで、世界35拠点でHCM(ヒューマンキャピタルマネジメント)システムを導入したところ、目覚ましい効果を発揮し始めたという。

「cm」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。