「ces回線」に近い情報
「ces」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ces」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ces」に関する記事情報

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

ロボット作成が無制限、月額課金型RPAとは?

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

若者は電話しない、セールスフォースがオムニチャネル機能を強化

若者の電話離れに伴い、企業は顧客対応方法の変革が必要だ。CRMも見直す必要がある。Salesforce Service Cloudは一体どのようなチャネルとつながるのか?

「BPM/BAM」シェア(2008年度)

堅調な伸びを示しているBPM(Business Process Management)市場。シェア情報を紹介する。

「ces」に関するIT製品情報

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策

トレンドマイクロ株式会社

IaaS市場で多くのシェアを占めるAmazon Web Services(AWS)は、豊富な知識がなくても、気軽にサーバを構築できる。しかし、セキュリティについては、「責任共有モデル」を正しく理解し、適切な対策を実行する必要がある。

手作業のIT資産管理から脱却 リモートでトラブル対応も可能に

株式会社ディー・オー・エス

IT資産管理をAccessやExcelで行うことで、管理工数に大きな負担が生じていたトヨタホームは、IT資産管理ソフトを新規導入。機器の利用状況把握をはじめ業務を効率化した。

クラウド型シングルサインオンサービス SafeNet Trusted Access

ジェムアルト株式会社

統合されたSSOと高度なアクセス管理で、クラウドの安全性を強化

詐欺・妨害など深刻化する不正行為、一元的対策を実現するマシンデータ活用とは

Splunk Services Japan

アカウントや個人情報の盗難などの不正行為が深刻化している中、サービスの 提供を続けるには顧客を不正行為から保護できる一元的な対策が必要だ。 医療機関や銀行などの事例から、その要となるマシンデータの活用法を紹介する。

GDPR対応を迅速に実現、3つのユースケースから学ぶマシンデータの活用法

Splunk Services Japan

厳格な要件と違反時の高額な制裁金から、早急なコンプライアンス体制の構築が 要求されるGDPR。本稿では、3つのユースケースから、業界や展開手法に関係なく GDPR対応をサポートできるマシンデータの活用法を紹介する。

「ces」に関する新着セミナー

業務で使っているExcelやAccessをそのまま本格DBへ移行するdbSheetClientの紹介セミナー

株式会社ニューコム

2019/03/20(水)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

業務で使っているExcelやAccessをそのまま本格DBへ移行するdbSheetClientの紹介セミナー

株式会社ニューコム

2019/02/21(木)13:30~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

業務で使っているExcelやAccessをそのまま本格DBへ移行するdbSheetClientの紹介セミナー

株式会社ニューコム

2019/02/27(水)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

「ces」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。