「bot 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bot 仕組み」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bot 仕組み」に関する記事情報

チャットbotが1on1を代行も Teams組み込み型人事管理システムとは

テレワークによって見えなくなってしまった情報を現場のマネジャーが苦労して吸い上げていないだろうか。システムで補えば、工数を増やさずに情報を取得し、業務全体の生産性を上げられる。その方法とは。

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

近未来オフィス予想図:RPAとAIで仕事はどう変わるのか

RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)を活用することで未来のオフィスはどう変わるのだろうか。今回は、筆者が最近訪れた米国におけるHR Techのカンファレンスで話題を集めたソリューションを基に、人事業務が今後どのように変化するのかを予想する。AIが人事業務の多くを担う未来も遠くないかもしれない。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

Office 365導入で混乱の嵐、収束させた“いとちゃん”て何者?

人海戦術の業務を変えるため、積極的にIT化を進めるメタルワン。Office 365もその1つだが、従業員からは使い方の問い合わせが殺到した。解決策は「いとちゃん」だ。同社のチャットbotプロジェクト第2弾。

「bot 仕組み」に関するIT製品情報

複雑な認証はサイト離れの一因に 高精度なbot対策をもっと簡単に実現するには

株式会社日立ソリューションズ

bot対策の代表的な手段には、指定した画像などを選ばせる「CAPTCHA」や、ログイン時の「二要素(多要素)認証」などがあるが、複雑にすればするほどユーザーの利便性は低下してしまう。この課題を解消する、AIを活用した新たな対策とは?

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

RPA導入率3倍の裏で企業が悩む深刻な課題――「人材不足で開発できない」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

年を追うごとにRPA(Robotic Process Automation)の導入率は確実に向上しているが、利用企業からは課題も挙がる。導入初期やトライアル、本格展開にはどのような壁があるのか。アンケート調査から見えてきた真実とは。

RPAの「as a Service」化、botストアの登場――RPAの内製化を助ける最新情報

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPA(Robotic Process Automation)を導入した多くの企業が、その内製化に課題を抱える。クラウド環境でもロボットを展開・活用できる「RPA as a Service」や、ロボットのテンプレートをダウンロードできるbotストアが解決策になるという。

問い合わせ対応効率化から競争力強化まで、3社に学ぶ「チャットbot」活用術

株式会社リコー

全社規模で働き方改革に取り組む企業が増える中、特に改善の機運が高まっているのが問い合わせ対応業務だ。「チャットbot」の導入により、その課題を解消した3社の事例を基に、問い合わせ対応を効率化するためのポイントを探る。

「bot 仕組み」に関する新着セミナー

UXを低下させないWeb脅威対策セミナー ~悪性BOT、チャージバック、ATO、ビジネス拡大と脅威は表裏一体?~

マクニカネットワークス株式会社

2021/05/12(水)15:00~15:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ネットワークセキュリティ

UXを低下させないWeb脅威対策セミナー ~悪性BOT、チャージバック、ATO、ビジネス拡大と脅威は表裏一体?~

マクニカネットワークス株式会社

2021/06/16(水)15:00~15:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ネットワークセキュリティ

「bot 仕組み」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。