「bm tm 目標」に近い情報
「bm」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bm」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bm」に関する記事情報

IBMがプロセスマイニングの会社を買収、狙いは

IBMは、プロセスマイニングソフトウェアを手がけるイタリアのmyInvenioを買収することで同社と最終合意した。買収が完了し次第、IBMはmyInvenioの機能を、IBM Cloud Pak for Business AutomationなどのIBMの自動化ツール群に統合する。その狙いとは。

IBMが量子コンピュータの新ロードマップを公開、いったい何がすごいのか?:580th Lap

IBMは新たに量子コンピュータの開発ロードマップを公開した。最近よく聞く量子コンピュータだが、いったい何がどうすごいのだろうか?

国内1万社が抱える「オフコン沼」、捨てないけれど塩漬けにしない方法

オフコン技術者は「絶滅寸前」か。今も国内に多数残るIBM i(旧:IBM AS/400)などのシステムを、今後どう扱っていくべきか。DX推進待ったなしの状況で、仕様すら把握できず取り残されるレガシーの救済方法を聞いた。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

Google vs. IBM、「量子超越性」で大混乱? 何が起きているのか:536th Lap

突然「量子コンピュータ」の話題でIT業界が持ち切りだ。その計算力は従来のコンピュータを「古典コンピュータ」と称してしまうほどだが、誰も真の実力は分からなかった。Googleが「実証した」と言い出すまでは……。

日本IBM“7年ぶりの日本人社長”が語る「日本企業デジタル変革」のリアリティ

日本IBM社長にはえぬきの社員が就任。日本の企業ITに「コグニティブ・エンタープライズ」を普及させるため「丁寧なコミュニケーション」と総力戦で挑むという。具体策はどうなっているか。

見えてきた「5G」の世界、フェーズ1仕様とは?

次世代無線通信技術標準「5G」のフェーズ1仕様が確定した。「eMBB」「mMTC」「URLLC」と呼ばれる3つの技術に注目だ。

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

IBMの「世界最小」コンピュータが小さすぎて、すぐに紛失しそう:459th Lap

かつてIT業界に「ダウンサイジング」の嵐が巻き起こった。サーバやクライアントが小型化されてシステム規模が縮小されたのはもちろん、デスクトップPCもノートPCもどんどん小さくなり、ついでに予算も縮小されて……。

「IBMのメインフレームを買ってみた」ある少年の奇跡:453th Lap

「IBMのメインフレームを購入した」と聞けば、「どこかの企業が導入したんだな」と思うのが普通だろう。個人がメインフレームを購入して自宅に据え置いたという話には耳を疑うしかない。

「bm」に関するIT製品情報

企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』

株式会社シーアイエス

企業内のさまざまなシステム上に散在している文書を横断的に検索できるサービス。IBM Watsonを活用し、キーワードだけでなく自然な話し言葉でも検索ができる。

SalesforceとIBM iとのシステム間連携で業務省力化を促進

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

サステックはSalesforceと基幹システムのIBM iを連携させるために、コーディングレスのデータ連携プラットフォームを採用。全社的な作業負荷軽減に貢献している。

RDBMSの課題を解消してリスクを低減、資産運用会社に学ぶ次世代データ管理術

インターシステムズジャパン株式会社

4100億ドル以上の顧客資産を管理するMFSインベストメント・マネジメントでは、リスク低減のために自社開発したアプリケーションの性能に限界を感じ、更改を決意する。そこで重視したポイントや、新たなアプリケーションの実力を紹介する。

IBM AS/400からオープン系へ着実に移行するための段階的移行方法とは?

株式会社ラキール

レガシーシステム、特にIBM AS/400を基盤とするシステムは今も運用する企業が多いが、サポート期限への懸念、RPG技術者の退職などさまざまな課題も抱える。マイグレーションを着実に実行するためのポイントを把握しておきたい。

IBM i(AS/400)の新たな可能性、AIを使った“攻めのデータ活用”の実現法とは

日本情報通信株式会社

多くの企業の基幹システムに採用されている「IBM i(AS/400)」。“守りのIT”と“攻めのIT”を同時に実現するIBM iならではの活用法には、基幹システムの情報を利用した高度なデータ分析がある。その実現に向けた課題と解決策とは?

「bm」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。