「biランキング」に近い情報
「bi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi」に関する記事情報

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

病院でもRPA活用が始まる、新たな医療の質と安全の向上を目指す

RPAの導入が医療機関で始まった。東京歯科大学市川総合病院は、医療の質と安全の向上を目指して2019年7月にRPAの運用を開始した。導入したのは「BizRobo!」だ。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

ガートナー調査:BI導入企業の割合と普及率の隔たりに見る、日本企業の現実

「世の中ではBIが普及しているようだが、私たちはさほど使っていない」。肌感覚で分かっていたことが調査でも明らかに。セルフサービス化して従業員皆でBIを使う、という世界はまだ遠いようだ。

Power BIの基礎知識~ライセンス、価格の比較、導入の注意点、利用例~

無料版もあるBIツール「Power BI」をご存じだろうか。使い方によっては手軽にBIレポートを多くの人と共有できるツールとして注目を集める。ライセンスによる違いや制約、導入時の注意点などを一気に解説する。

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

「bi」に関するIT製品情報

国内外23社をまとめるデータ可視化基盤を構築、アイシン高丘に学ぶBI活用術

株式会社ジャストシステム

23社の関連企業を持つアイシン高丘では、損益や生産効率に関する情報をExcelでまとめていたため、リアルタイムの経営判断が困難になり、作業負担の重さも課題となっていた。この状況を改善すべく選んだBIツールの決め手は何だったのか。

“Excel社員”への依存を脱却、データドリブン経営を実現するBIツール移行術

株式会社ジャストシステム

大掛かりなデータ分析となると、どうしてもExcelに精通した社員に業務を任せがちな企業は少なくない。しかし、そこには業務属人化をはじめ、経営上のボトルネックになるリスクも潜んでいる。この状況を改善する方法とは?

情シスも営業も経営層も満足、営業レポートを改善する「BIツール」活用術

株式会社ジャストシステム

売上実績などのデータ収集、レポート作成、それに基づく経営判断といった一連の流れにおいて、情報システム部門/営業部門/経営層それぞれがデータ活用の悩みを抱えている。それらを一掃するBIツールの導入メリットとは?

「BIツール」基礎解説:導入前に知っておくべき製品選びのポイントとは?

株式会社ジャストシステム

データに基づく迅速な意思決定に欠かせないBIツールだが、自社に最適な製品を選ぶのは意外と難しい。そこでまず理解しておきたい基礎知識として、BIツールの種類や、それぞれのメリット/デメリットを分かりやすく紹介する。

基幹システムリプレース時の落とし穴を回避する、BIツールの有効活用法とは?

株式会社ジャストシステム

基幹システムのアップデートでは適切な要件定義が欠かせないが、規模が大きいことから、現状把握が十分にできないケースが少なくない。この落とし穴を回避するには、データの収集/可視化に優れたBIツールの活用が有効だ。

「bi」に関する新着セミナー

BizRobo! × AI-OCR 製品紹介&体験セミナー

シースリーインデックス株式会社

2020/03/12(木)15:00~18:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 基幹系システム | 運用管理 | 開発

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー

株式会社ラキール

2020/03/17(火)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | データ分析

OSS監視ツール「Zabbix」の、大手企業や金融機関における導入状況と今後の課題

マジセミ株式会社

2020/03/11(水)14:15~16:45

  • 東京都
無料 | 定員44名 | 運用管理

「bi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。