「biケーブル」に近い情報
「bi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi」に関する記事情報

病院でもRPA活用が始まる、新たな医療の質と安全の向上を目指す

RPAの導入が医療機関で始まった。東京歯科大学市川総合病院は、医療の質と安全の向上を目指して2019年7月にRPAの運用を開始した。導入したのは「BizRobo!」だ。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

ガートナー調査:BI導入企業の割合と普及率の隔たりに見る、日本企業の現実

「世の中ではBIが普及しているようだが、私たちはさほど使っていない」。肌感覚で分かっていたことが調査でも明らかに。セルフサービス化して従業員皆でBIを使う、という世界はまだ遠いようだ。

Power BIの基礎知識~ライセンス、価格の比較、導入の注意点、利用例~

無料版もあるBIツール「Power BI」をご存じだろうか。使い方によっては手軽にBIレポートを多くの人と共有できるツールとして注目を集める。ライセンスによる違いや制約、導入時の注意点などを一気に解説する。

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

BIツールの導入状況(2019年)/後編

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

BIツールの導入状況(2019年)/前編

様々な経営指標を一意に可視化できるBIツール。定例の業務進捗報告などの無駄を解消するツールとして注目を集めたこともあるが、普及の状況はどうなっているだろう。調査ではいっこうに業務が楽にならない現場リーダーの苦悩が垣間見られる状況が明らかになった。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

「bi」に関するIT製品情報

地理的データの活用、視覚化でインサイトを効果的に伝える「4つの要件」とは

Tableau Japan株式会社

データ理解において地図の重要性は言うまでもない。BIツールのダッシュボードにマップ機能を組み合わせることはデータの理解を深め、新たなインサイトの獲得を助けもする。そのためにマッピングツールに求めるべき要件が4つあるという。

なぜ上手に使えない? 企業がBIツールで「メタデータ」を持て余す4つの理由

Tableau Japan株式会社

BIツールが、エンドユーザーの意思決定をサポートするスピーディーなソリューションとしての重要性を高める中で、効果的に活用されていないのが「メタデータ」だ。メタデータを宝の持ち腐れにせず、その価値を引き出すポイントを紹介する。

セルフサービスBI 軽技Web

富士電機株式会社

簡単にデータベースを検索・活用、業務の効率化でビジネスをスピードアップ

機械学習もパイプラインもSQLで実現、クラウドDWH「BigQuery」の実力とは?

株式会社grasys

自社にデータウェアハウス(DWH)やアナリスト/エンジニアを持っていないことが原因で、効果的なデータ分析が行えないケースは多い。そこで有効なのが、Google Cloud Platform(GCP)が提供するDWHである「BigQuery」だ。

3分で分かる:導入目的から逆算して考える、BIツール選定の3つのポイント

ウイングアーク1st株式会社

BIツールの導入効果を高めるには、使用の“目的”を事前に明確化し、それを達成するために必要な機能を備えているかを重視して選ぶ必要がある。データ活用を成功に導くためのBIツール選定で、考慮すべき3つのポイントを解説する。

「bi」に関する新着セミナー

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

2019/10/17(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | データ分析

DX対応エンタープライズBI「Sisense」無料体験セミナー in Tokyo

グランバレイ株式会社

2019/11/26(火)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員4名 | データ分析

DX対応エンタープライズBI「Sisense」無料体験セミナー in Tokyo

グランバレイ株式会社

2019/12/12(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員4名 | データ分析

「bi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。