「biクラウド」に近い情報
「bi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi」に関する記事情報

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

病院でもRPA活用が始まる、新たな医療の質と安全の向上を目指す

RPAの導入が医療機関で始まった。東京歯科大学市川総合病院は、医療の質と安全の向上を目指して2019年7月にRPAの運用を開始した。導入したのは「BizRobo!」だ。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

ガートナー調査:BI導入企業の割合と普及率の隔たりに見る、日本企業の現実

「世の中ではBIが普及しているようだが、私たちはさほど使っていない」。肌感覚で分かっていたことが調査でも明らかに。セルフサービス化して従業員皆でBIを使う、という世界はまだ遠いようだ。

Power BIの基礎知識~ライセンス、価格の比較、導入の注意点、利用例~

無料版もあるBIツール「Power BI」をご存じだろうか。使い方によっては手軽にBIレポートを多くの人と共有できるツールとして注目を集める。ライセンスによる違いや制約、導入時の注意点などを一気に解説する。

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

BIツールの導入状況(2019年)/後編

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

「bi」に関するIT製品情報

データ分析で日常業務の「ムダ」を改善、専門知識いらずのクラウド型BIツール

SAPジャパン株式会社

営業・マーケティングなどの業務には資料作成が欠かせないが、そのための作業に忙殺されていては生産性が低下してしまう。そこで業務効率化の手段として注目されているのが、専門知識不要で情報可視化やデータ分析が可能なBIツールだ。

「BIツール」基礎解説:導入前に知っておくべき製品選びのポイントとは?

株式会社ジャストシステム

データに基づく迅速な意思決定に欠かせないBIツールだが、自社に最適な製品を選ぶのは意外と難しい。そこでまず理解しておきたい基礎知識として、BIツールの種類や、それぞれのメリット/デメリットを分かりやすく紹介する。

BIツール3種類を4つのポイントで比較、自社に最適な製品はどれ?

株式会社ジャストシステム

データに基づいた迅速な意思決定を行うべくBIツールの活用が広がっているが、自社に適した製品を選ばなければ、逆に業務効率が下がってしまうこともある。3つの主要なBIツールを比較し、最適なツールを見極めるためのポイントを解説する。

データドリブン経営の鍵、BIツールを全社活用するための「3つのステップ」

株式会社ジャストシステム

データドリブン経営の実現には全社レベルでのデータ活用が不可欠だが、BIツールの一斉導入を行っても定着させることはなかなか難しい。有効なのは、効果が得やすい管理部門から導入し、段階的に利用を拡大することだ。

基幹システムリプレース時の落とし穴を回避する、BIツールの有効活用法とは?

株式会社ジャストシステム

基幹システムのアップデートでは適切な要件定義が欠かせないが、規模が大きいことから、現状把握が十分にできないケースが少なくない。この落とし穴を回避するには、データの収集/可視化に優れたBIツールの活用が有効だ。

「bi」に関する新着セミナー

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー

株式会社ラキール

2019/12/20(金)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | データ分析

モバイル版エンドポイント対策の新常識“MTD(Mobile Threat Defence)”とは?

マクニカネットワークス株式会社

2019/11/29(金)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員20名 | エンドポイントセキュリティ

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー

株式会社NTTデータNJK

2019/12/12(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | データ分析

「bi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。