「bi 課題」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi 課題」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi 課題」に関する記事情報

20年たってこう変わった、SAPのCRM、BI、ERP最新事情

SAPによると、国内企業のCRM、BI、ERPのシステム対応にはまだまだ課題点が残るという。それぞれの分野における“マズイ”点を指摘するとともに、SAPのSaaSの特徴を深掘りする。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

「bi 課題」に関するIT製品情報

2020年のデータ/BIトレンド10選:統合とアナリティクスを両立させるヒント

クリックテック・ジャパン株式会社

企業の内外にデータが分散する今日、「統合」と「アナリティクス」を促進する“データモザイク”の構築が重要な課題となっている。その実現に向けて知っておきたい、データ/BIに関する10の最新トレンドを紹介する。

アナリティクスの民主化をついに実現? 第3世代BIツールの実力とは

クリックテック・ジャパン株式会社

データを活用し競争力を高めるのに欠かせないBIツールは、世代を重ねながら少しずつ進化してきた。その経緯と各世代の課題に触れながら、「アナリティクスの民主化」をついに実現しようとしている、第3世代BIの実力を探る。

国内外23社をまとめるデータ可視化基盤を構築、アイシン高丘に学ぶBI活用術

株式会社ジャストシステム

23社の関連企業を持つアイシン高丘では、損益や生産効率に関する情報をExcelでまとめていたため、リアルタイムの経営判断が困難になり、作業負担の重さも課題となっていた。この状況を改善すべく選んだBIツールの決め手は何だったのか。

BIと財務機能を統合、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズに学ぶ経営変革

BOARD Japan株式会社

財務・経営管理の課題を解決したい企業にとって、デジタルイノベーションへの期待は大きい。そこで本資料では、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズの事例から、財務の簡素化や計画立案手法の改革の方法を探る。

SFAやExcelの営業データをリアルタイムに可視化、事例に学ぶBIツール活用術

ウイングアーク1st株式会社

営業部門における課題として、進捗状況や売り上げの着地見込みがリアルタイムに把握できないというものがある。そんな中、ExcelやSFAの営業データを可視化し、数値に基づいた打ち手の実行を可能にするBIツールの活用が増えているという。

「bi 課題」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。