「bi 企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi 企業」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi 企業」に関する記事情報

ガートナー調査:BI導入企業の割合と普及率の隔たりに見る、日本企業の現実

「世の中ではBIが普及しているようだが、私たちはさほど使っていない」。肌感覚で分かっていたことが調査でも明らかに。セルフサービス化して従業員皆でBIを使う、という世界はまだ遠いようだ。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

BIツールの導入状況(2019年)/後編

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

【BI導入事例】2倍の受注に「2倍働く」以外の答えを作る――名古屋のものづくり企業が選んだ方法を取材した

製造工程が「ぶっ通しで20時間」もかかるエンジンを取り扱う三菱重工航空エンジン。受注が増える中でサプライヤー管理や品質管理、需要管理の工程を効率化した。IoTなどの未来志向の技術を、現場の効率化に還元する。何にどう効果があったのか。

「あの社員辞めそう」「この顧客は上確度」 文章からあぶり出すAI「KIBIT」

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

企業におけるデータ活用の状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員340人を対象にアンケート調査を実施した。セルフサービスBIの利用意向などが明らかになった。

企業で活躍するスマートフォン第3の選択肢、「Windows10 Mobile」を選ぶ情シス側の理由

多くの企業でクライアントOSとして利用されるWindowsシリーズ。そのOSと共通のエクスペリエンスを提供するWindows10 Mobileは、情報システム部にとって果たしてどの程度使えるものなのか。

「中堅・中小企業向けDWH・BI」シェア(2013年7月)

利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。シェア情報を紹介する。

「中小企業向けERP」シェア(2012年8月)

2012年、利用端末としてスマートデバイスが伸びた「中小企業向けERP」市場。現場レベルでのBI活用にも注目が集まる。シェア情報を紹介する。

「bi 企業」に関するIT製品情報

国内外23社をまとめるデータ可視化基盤を構築、アイシン高丘に学ぶBI活用術

株式会社ジャストシステム

23社の関連企業を持つアイシン高丘では、損益や生産効率に関する情報をExcelでまとめていたため、リアルタイムの経営判断が困難になり、作業負担の重さも課題となっていた。この状況を改善すべく選んだBIツールの決め手は何だったのか。

“Excel社員”への依存を脱却、データドリブン経営を実現するBIツール移行術

株式会社ジャストシステム

大掛かりなデータ分析となると、どうしてもExcelに精通した社員に業務を任せがちな企業は少なくない。しかし、そこには業務属人化をはじめ、経営上のボトルネックになるリスクも潜んでいる。この状況を改善する方法とは?

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

BIと企業業績管理を統合、KPMG Financeの意思決定プロセスを変えたツールとは?

BOARD Japan株式会社

KPMG Financeでは、市場変化の早さに対応するため、データ分析や経営計画、予算シミュレーションなどを、総合的に扱えるシステムを必要としていた。ユーザーの操作性とデータへのアクセス性を要件に、同社が選んだツールの実力に迫る。

BI・予測分析・業績管理を統合、次世代経営管理プラットフォームで何が変わる?

BOARD Japan株式会社

企業の各部門が、それぞれ固有のBIやExcelによる管理で計画を策定している状況では、組織全体の予実や計画・シミュレーション管理の効率化は難しい。そこで、BI、予測分析、業績管理を統合した次世代の経営管理プラットフォームを紹介する。

「bi 企業」に関する新着セミナー

OSS監視ツール「Zabbix」の、大手企業や金融機関における導入状況と今後の課題

マジセミ株式会社

2020/03/11(水)14:15~16:45

  • 東京都
無料 | 定員44名 | 運用管理

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー

株式会社NTTデータNJK

2020/03/12(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | データ分析

「bi 企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。