「bi ツール」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi ツール」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi ツール」に関する記事情報

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

Power BIの基礎知識~ライセンス、価格の比較、導入の注意点、利用例~

無料版もあるBIツール「Power BI」をご存じだろうか。使い方によっては手軽にBIレポートを多くの人と共有できるツールとして注目を集める。ライセンスによる違いや制約、導入時の注意点などを一気に解説する。

BIツールの導入状況(2019年)/後編

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

BIツールの導入状況(2019年)/前編

様々な経営指標を一意に可視化できるBIツール。定例の業務進捗報告などの無駄を解消するツールとして注目を集めたこともあるが、普及の状況はどうなっているだろう。調査ではいっこうに業務が楽にならない現場リーダーの苦悩が垣間見られる状況が明らかになった。

「そして誰も使わなくなった…」放置されたBIツール、「牛角」チェーンの復活劇とは

「牛角」などの飲食店チェーンで知られるレインズインターナショナルは、海外製のBIツール導入に失敗、「導入1年後には誰も使わなくなった」状況に陥った。同社のBIツール活用の軌跡とは。

セルフサービスBIと連携させると役に立つツールとは?

連携やシステムとの組み合わせがカギになる。一見何気ないデータも宝になり得るセルフサービスBI。その活用法を紹介する。

セルフサービスBIを上手に使いこなすコツは?

非常に便利な「セルフサービスBI」ツールだが、使いこなすには少し工夫が必要だ。どうすればより効果的に使いこなすことができるのだろうか?今回はツールの育て方を紹介する。

セルフサービスBIとExcelの違いは?

セルフサービスBIは、従来のBIツールやExcelと比べて何を得意としているのか? 4つのポイントにまとめて分かりやすく紹介します。

「bi ツール」に関するIT製品情報

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」

株式会社ラキール

データの分析・可視化だけでなく、あらゆるデータと連携し、データの収集・集計・加工、配信まで行える統合型BIツール。

年間数千時間のデータ抽出業務を8割削減。RPA連携で自動化も

富士電機株式会社

SBアットワークでは、年間数千時間に及んでいたデータ抽出業務をBIツールの導入により効率化。所要時間の8割減とともに、RPA連携で業務自動化を実現できた。

BIツールの導入でシステムのシンプル化や自在な情報分析が可能に

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

ライオンは、保守性の低下などの問題を抱えていた基幹業務システムに代り、BI機能を備えたMicroStrategyを導入。システムのシンプル化や自在な情報分析などを実現した。

スクラッチ開発の30分の1の工数で非技術者1人がシステム間を連携

アステリア株式会社

星野リゾートは、ホテルシステムや会計ソフト、BIなどを連携させるシステム開発を、短期に社内技術者抜きで行うために、コーディング不要のデータ連携ツールを導入した。

純国産BIツール「WebQuery」

株式会社システムコンサルタント

現場のユーザー自身で操作でき、ブラウザ、Excel、CSV、テキストなどさまざまな形態に出力可能なBIツール。

「bi ツール」に関する新着セミナー

BIM・CIM・点群データ活用ユーザー必見。 オンプレファイルサーバの代わりに他社製品ではなくDropboxを選ぶ理由

Dropbox Japan

2020/10/15(木)15:00~16:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「bi ツール」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。