「autocad electrical使い方本」に近い情報
「auto」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「auto」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説CADとは?

「Computer Aided Design」の略で、コンピュータを使って建築物や製品、機械、自動車などの製図を行うこと。あるいはそのときに使う「製図支援ソフトウェア」そのものを指すこともある。もともとは「人の手作業による設計をコンピュータで支援して効率を高める」という意味から作られた語。旧形態のデザイナーが使う「製図板」の代わりともいえるツールで、作図や修正が簡単に行えるようになる。

「auto」に関する記事情報

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

近未来オフィス予想図:RPAとAIで仕事はどう変わるのか

RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)を活用することで未来のオフィスはどう変わるのだろうか。今回は、筆者が最近訪れた米国におけるHR Techのカンファレンスで話題を集めたソリューションを基に、人事業務が今後どのように変化するのかを予想する。AIが人事業務の多くを担う未来も遠くないかもしれない。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

ロボット作成が無制限、月額課金型RPAとは?

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

コネクテッドカープラットフォームの本命となるか、「AGL」とは?

車載プラットフォームのオープン標準を目指すプロジェクト「Automotive Grade Linux」。その全容を徹底解説する。

「auto」に関するIT製品情報

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

タスクの自動化だけでは不十分、事例に学ぶRPAの生かし方と組織体制の在り方

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務のプロセスを自動化するものに進化し始めている。RPAベンダーAutomation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。企業ではデジタルワーカーをどう活用しているのか、事例でひもとく。

CI環境構築やソースコード管理に課題、GM子会社は開発環境をどう改善したか

ギットハブ・ジャパン合同会社

自動運転ソフトの開発環境は、競争優位を左右する重要なものだ。継続的インテグレーションやソースコードの管理など開発環境に課題を抱えていたGM子会社のCruise Automationは、その改善を図るべく2つの開発ツールの導入に踏み切った。

「定着して使われるSFA」へ ニーズ別導入スタート法3選

株式会社ジャストシステム

技術とニーズに合わせて発展を遂げた「SFA(Sales Force Automation)」。 多機能だからこそ、有効活用できなかったと導入後に後悔することも。組織の ニーズに合致したスタートダッシュを切って定着して使われるSFAを目指したい。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票

日本テレネット株式会社

大量の帳票類は手作業でFAX送信を行っていると非常に手間がかかり、誤送信の リスクも発生する。そこで解決策となり得るのが、帳票のFAX送信業務のクラウド 化だ。卸売業やメーカーの事例を交えながら、FAX送信業務の改善策を紹介する。

「auto」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。