「arqc認証」に近い情報
「ar」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ar」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザー本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。IDとパスワードを入力させる方式の他、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「ar」に関する記事情報

さらに沈むICT市場、新型コロナはどこまで追い打ちをかけるのか?

IDC Japanは、新型コロナ感染症拡大の現状を受け、下方修正を発表した。2020年4月3日の予測で唯一プラス成長を維持した「Software」が最も大きな下方修正となるという。

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

ソフトウェアアーキテクチャの集大成「Clean Architecture」とは

5回にわたって各ソフトウェアアーキテクチャの特徴について解説した。結局、テスタビリティ―のあるアーキテクチャはどれなのか。連載最終回となる本稿で、テストに強いアーキテクチャについて説明する。

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

近未来オフィス予想図:RPAとAIで仕事はどう変わるのか

RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)を活用することで未来のオフィスはどう変わるのだろうか。今回は、筆者が最近訪れた米国におけるHR Techのカンファレンスで話題を集めたソリューションを基に、人事業務が今後どのように変化するのかを予想する。AIが人事業務の多くを担う未来も遠くないかもしれない。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

「ar」に関するIT製品情報

SharePoint連携基盤で新システムへのデータ移行費がゼロに

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

J建築検査センターでは、新システム導入後も旧システムの案件をSharePointと連携して可視化しながら漸次終了させることで、データ移行費用不要で新システムを稼働させた。

ゼロトラストによる特権アクセスを実現する4つの要件とは

CyberArk Software株式会社

重要システムへの特権アクセスを外部委託業者や社員に許可している企業は多いが、セキュリティ対策が不十分だとさまざまなリスクを招くことになる。調査結果を基に、リモートからの特権アクセス保護に関する課題と解決策を探る。

クラウドワークロードを脅威から守るために知るべき「6つのユースケース」とは

CyberArk Software株式会社

アプリケーションやサービスのクラウド移行が進む一方、これらワークロードのセキュリティの確保が課題となっている企業は多い。そこで、クラウド環境の保護において、特に知っておきたい6つのユースケースを紹介する。

コンテナ基盤の運用は楽になる? 「VMware Enterprise PKS」の使い勝手を検証

三井情報株式会社

仮想化基盤に続く次世代インフラと目されるコンテナ環境。ただ、代表的な運用ツールのKubernetesでは不足する機能も多い。そこでエンタープライズレベルの運用ツールの1つ、「VMware Enterprise PKS」を使い、運用負担の変化を検証した。

情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」

ウイングアーク1st株式会社

さまざまなデータを、必要なカタチで、シンプルに可視化。MotionBoardは、あらゆる“データ”と”人”をつなぎ、情報伝達と意思決定のスピードを加速させる。

「ar」に関する新着セミナー

Webinar シリーズ 第2回「コンテンツが鍵を握るポストコロナ時代のB2Bマーケティング」

株式会社Contentserv

2020/07/22(水)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

AIでSeleniumを強化するSelenicのご紹介Webinar(オンライン)

テクマトリックス株式会社

2020/07/22(水)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員8名 | 開発

【Webセミナー】★成功事例★VMware パートナーが取り組む新規サービスとは?

株式会社ネットワールド

2020/07/28(火)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | データセンター

「ar」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。