「arコードが流行らない理由」に近い情報
「ar」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ar」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ar」に関する記事情報

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

米軍が「AIに常識を教えよう!」とたくらむワケ:487th Lap

AIに「ゴミ箱の中では何を見つけられる?」と質問すると、一体何と答えるのだろうか。DARPA(米国防高等研究計画局)の研究が始まった。

ロボット作成が無制限、月額課金型RPAとは?

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

レノボ、ワークスタイル別の「ThinkPad」新シリーズを発表

ThinkPadの新シリーズ14製品が登場した。レノボ・ジャパンの新しい会議システム「ThinkSmart Hub 500」もお披露目された。それぞれの特徴を一覧で紹介する。

機械学習が解決するネットワークとセキュリティの分断問題

HPEが「Aruba360 Secure Fabric」の本格展開を発表。このフレームワークにより、従来分離されたままだったネットワークとセキュリティの壁を乗り越え、真の多層防御を実現するという。

「AR/VRヘッドセット」シェア(2017年第2四半期)

AR/VRヘッドセット市場は堅調な出荷が続いている。シェア情報を紹介する。

「ar」に関するIT製品情報

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud

ウイングアーク1st株式会社

様々な環境上にあるデータをリアルタイムでシンプルに可視化

情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」

ウイングアーク1st株式会社

さまざまなデータを、必要なカタチで、シンプルに可視化。MotionBoardは、あらゆる“データ”と”人”をつなぎ、情報伝達と意思決定のスピードを加速させる。

HCI市場動向:好調を続けるDell EMCとNutanix 「富める者がさらに富む」結果に

Dell EMC

2018年第1四半期のハイパーコンバージドインフラ市場は、Dell EMC、VMware、Nutanixが優位を保ち、急成長するこの分野の大半を占めた。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell EMC

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

VMware環境のクラウド移行につまずかない、手順別の確認事項チェックリスト

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

VMware製品による仮想化サーバをそのままクラウド化するなら、VMwareベースのパブリッククラウドが最適だ。アプリケーションの改修や再構築の手間を省き、ニーズ通りの移行を実現できる。ただ、この条件でも押さえるべきポイントはある。

「ar」に関する新着セミナー

働き方改革関連法 対策セミナー『初めてのOffice 365 体験~SharePoint Onlineで案件管理~』

協立情報通信株式会社

2019/05/21(火)11:15~12:15

  • 東京都
無料 | 定員なし | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理

【神戸三宮開催】Micro Hardening:Enterprise Edition

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

2019/05/22(水)10:00~18:00

  • 兵庫県
105,840円 [税込] | 定員20名 | ネットワークセキュリティ | データ分析 | WEB構築

『VMware Cloud on AWS』×『Veeam』移行/データ保護の最適解はこれだ!

株式会社クライム

2019/05/16(木)17:00~17:40

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | バックアップ | 運用管理

「ar」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。