「ar cad 使い方」に近い情報
「ar」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ar」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説CADとは?

「Computer Aided Design」の略で、コンピュータを使って建築物や製品、機械、自動車などの製図を行うこと。あるいはそのときに使う「製図支援ソフトウェア」そのものを指すこともある。もともとは「人の手作業による設計をコンピュータで支援して効率を高める」という意味から作られた語。旧形態のデザイナーが使う「製図板」の代わりともいえるツールで、作図や修正が簡単に行えるようになる。

「ar」に関する記事情報

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

日本企業が原因で「テープ」が不足している説:518th Lap

実は……という話でもないのだが、現在もエンタープライズITの現場で「磁気テープ」が使われている。「Linear Tape-Open(リニアテープオープン、LTO)」だ。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

屋外を含む広大な敷地、不特定多数のSkype通話はどうさばく? ICUキャンパスの場合

国際基督教大学がArubaの無線LAN機器を導入した。広大なキャンパスのネットワークを集中管理することで、どのような効果があったのか。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

「ar」に関するIT製品情報

SAP利用環境の2大課題、開発スピード向上と情報漏えいリスク軽減の両立法とは?

DelphixSoftware合同会社

SAPを利用している企業の多くは、開発・テスト環境における情報漏えいリスクを課題としている。このリスクを軽減しながら、現代のビジネスが求める開発スピードを実現するためには、どのようなソリューションを採用すべきだろうか。

HPやNASAも実践、9つの成功事例に学ぶアプリケーション開発を高速化する秘訣

DelphixSoftware合同会社

業務で扱うデータ量が増大した現代では、アプリケーション開発環境に課題を抱える企業が増えている。そこで、テスト/リリースサイクルを高速化し、セキュアな開発/テスト環境の構築に成功した企業の事例から解決策を探る。

アプリケーションからの情報漏えいを防止、SAP環境におけるデータマスキング術

DelphixSoftware合同会社

基幹系アプリケーションにある機密データの保護は企業の必須課題だが、リリーススピードの高速化と規制対応を両立するのは容易ではない。そこで注目したいのが、機密データを瞬時に特定し、高速にマスキングするソリューションだ。

VMware製品による仮想化環境のクラウド移行、サービスに違いはあるのか

日本アイ・ビー・エム株式会社

VMware製品による仮想化環境をクラウドに移行する製品やサービスが発表され、オンプレミスのシステムをハイブリッド環境へと拡張するのは現実的になってきた。そこで気になるのがベンダーによるサービスの違いだ。どのような差があるのか。

インフラ刷新の理想形、Software-Defined Data Center導入の最も簡単な方法

ヴイエムウェア株式会社

IT部門に求められるタスクが高度化する中で、次世代型インフラへの期待感が高まっている。その理想形の1つである「Software-Defined Data Center(SDDC)」への移行において、最も簡単な方法とはどのようなものだろうか。

「ar」に関する新着セミナー

VMware クラウドビジネス キックオフ

株式会社ネットワールド

2019/10/24(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員100名 | 仮想化 | 情報システム | データセンター

第3回 Enterprise Architect 事例紹介セミナー

スパークスシステムズ ジャパン株式会社

2019/10/23(水)13:30~17:20

  • 東京都
無料 | 定員90名 | 開発

BIツール・BOARD体験セミナー

日本ラッド株式会社

2019/11/07(木)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | データ分析

「ar」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。