「ap クラウド」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ap クラウド」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ap クラウド」に関する記事情報

クラウドサービス選定を効率化する 新セキュリティ評価制度「ISMAP」とは

2020年6月、政府機関のクラウドサービス調達にフォーカスしたセキュリティ評価制度「ISMAP」がついにスタートした。ISMS認証などの評価制度や各種基準とは何が違い、民間企業などではどう生かせるのか? 制度のポイントを整理しておこう。

クラウドサービス選定を効率化する 新セキュリティ評価制度「ISMAP」とは

2020年6月、政府機関のクラウドサービス調達にフォーカスしたセキュリティ評価制度「ISMAP」がついにスタートした。ISMS認証などの評価制度や各種基準とは何が違い、民間企業などではどう生かせるのか? 制度のポイントを整理しておこう。

コラボレーション機能を強化するDropboxに聞く テレワーク

クラウドストレージサービスを展開するDropbox Japan。コラボレーション機能を強化する同社にテレワーク成功の秘訣を聞いた。

パブリッククラウド市場はどこまで伸びる? 4年後の市場を予測

IDC Japanの見立てによる4年後の2024には、国内パブリッククラウドサービス市場の支出額ベースの規模は1兆円を超すだろうという。

2020年以降、セキュリティ市場はどう変わる? 2023年までの展望を解説

IDC Japanの調査によれば、クラウドシフトの動きによりSaaS型セキュリティソフトウェアのニーズが高まっているという。また2020年秋以降は政府が主導するクラウド・バイ・デフォルトにより、市場に変化がありそうだ。

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

Amazonがカリフォルニア州の議員を「悪人」だと断じたワケ:526th Lap

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

「ap クラウド」に関するIT製品情報

拠点のネットワークをエンジニアなしで一元管理、事例で学ぶ“ITシンプル化”術

シスコシステムズ合同会社

多拠点展開企業の課題となるネットワーク管理だが、人手不足で専任エンジニアの配置が難しいケースも多い。これを解消するのが、クラウドやオープンAPIを活用し、優れたダッシュボードやサポートで一元管理を容易にするソリューションだ。

650万以上のデバイスを制御、セキュアでシンプルなクラウド管理型ネットワーク

シスコシステムズ合同会社

マルチデバイスが当たり前となった企業ネットワークは複雑化の一途をたどり、運用負荷も日に日に増大している。そこで注目したいのが、グローバルでどこからでもAPIを利用でき、ライセンス形態も柔軟な「クラウド管理型ネットワーク」だ。

HCIと3Tier型のいいとこ取り、ハイブリッドクラウド基盤に進化した次世代HCI

株式会社ネットワールド

ストレージベンダーならではの機能に磨きをかけ、さらなる進化を遂げた「NetApp HCI」。クラウド、オンプレミスに関係なく、データを自由に活用できるプラットフォームとして注目される、この次世代型HCIの実力に迫る。

AWSとオンプレミス間の移動を容易に――「クラウドモビリティ」のススメ

Veeam Software Japan 株式会社

AWSなどクラウド活用も広がる中、オンプレミスやクラウドをまたがって柔軟にワークロードを移行・管理できることが重要だ。そこで役立つのが、マルチクラウドでのデータやワークロードの柔軟な行き来や管理・運用できるソリューションだ。

従来の考え方が通用しないクラウドERP――導入・評価における適切な進め方とは

SAPジャパン株式会社

クラウドERPに対して、企業独自の処理や従来機能の再現性を重視するよりも、クラウドならではの優位性を評価し、業務の効率化や柔軟性を重視する企業が増えてきた。このようなマインドシフトが、いま必要とされる理由とは。

「ap クラウド」に関する新着セミナー

オンラインでの共同作業をより安全に、ハイブリッド・クラウドストレージと言う考え方

Dropbox Japan

2020/09/08(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | バックアップ

今年こそ、さよならファイルサーバー〜新しい生活様式に求められる、クラウドストレージの選び方〜

Dropbox Japan

2020/08/19(水)15:00~16:00

  • 東京都
無料 | 定員なし | スマートデバイス | ストレージ

「ap クラウド」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。