「aiscとは」に近い情報
「ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai」に関する記事情報

「インクルーシブな社会」を本気で作る人たち――五感とAIは人類をどう変えられるか

移動の自由をどんな人にも。昭和の時代にはSFの話だった世界を実現しようと複数の企業や研究機関が法人を立ち上げた。3カ年で形を作るという。視覚障害の困難をコンピューターが感覚器官と視覚から支える、現実的なアイデアの話を聞いてきた。

AI、RPAで不動産の「2大闇作業」を変えた――オープンハウス情シスの奮闘

不動産業界の旧態依然とした業務から脱却を図るオープンハウス。AI・RPAを活用した3つのプロジェクトは、現場の業務を劇的に変えた。情シスが挑むプロジェクトの舞台裏とは。

ディープラーニングを用いたAIは企業に浸透するのか

ディープラーニングを中心に盛り上がってきた第3次AIブーム。ディープラーニングを活用したAI企業システムが汎用(はんよう)化される日は来るのだろうか。

AI導入「必要」86%、実際の導入率は18%……RPAと混同する声も

「AI」ブームの盛り上がりは衰えを知らず、2019年も技術導入から開発、人材育成など多方面で話題が盛り上がった。調査では、現場のAI利用もさらに現実味を帯びていることが分かった一方で、AIに対する誤った認識も浮かび上がった。

AI導入は苦悩の連続、パーソルは3つの壁にどう立ち向かったのか

パーソルテクノロジースタッフは、求人ニーズと求職ニーズをマッチングさせる業務の効率化を図ろうと、AI(人工知能)を活用したシステムの開発に着手した。しかし、その道のりは苦難の連続だった。

AIやRPA時代に求められる「共感スペシャリスト」とは?

UiPathの代表取締役社長CEOを務める長谷川康一氏は、RPAやAIを活用することの本当の価値は、人間が「共感」する心を持てるようになることだという。

AIがPoCで止まる――費用は100分の1、PoCは15分、嘆きから生まれたAI分析ツールとは

「AI導入は数億単位の費用がかかる」「ツールが難しい」「長期のPoCで取り組みが止まる」――こうした常識を覆し、費用は通常の100分の1程度、現場ユーザーでも活用でき、1回のPoCを15分にまで短縮したAIの分析ツールがある。

音声認識AIがあればセールスの成約率はアップするか

音声認識技術を生かした業務支援サービスが増えつつある。インサイドセールス業務を支援するサービスもリアルタイムで応答内容を分析して会話の作戦を支援する。

AI人材はどこにいる?

日本ではAI人材が枯渇しているとはよくいわれていることだが、そもそもAI人材とはどのような人々を指すのか。またAI活用を進めている企業は、どこから人材を得ているのか。

貴社の資金繰りを判定するAI――FinTechはどこまで進むか

決算書なしで銀行から融資を受けられる時代が来た。各所で進むFinTechを支えるAIはどういったものだろうか。

「ai」に関するIT製品情報

メールシステム更改でセキュリティ対策や監査証跡対策を実現

株式会社クオリティア

ビッグローブは、メールシステムを独自開発のシステムからGmailとActive! gate SSなどの組み合わせに更改したことで、セキュリティ対策とコンプライアンス強化を実現した。

非エンジニア人材にもAI学習を、そのメリットと効率的な育成のポイントとは

キラメックス株式会社

2030年、日本のAI市場は現在の4倍になるとの試算もあり、AI人材の需要が高まっている。こうして人材の争奪戦が激化する中で、注目され始めたのが非エンジニア人材へのAI研修だ。そのメリットと効率的な育成のポイントを紹介する。

使うほど精度が向上、AI搭載OCRで実現する“ミスなし&手間なし”の請求書処理

株式会社リコー

データ入力や確認、突合チェックなど、ただでさえ手間と時間を要する請求書処理業務だが、特に月末/月初は担当者の負荷が増大しミスが生じやすい。こうした課題を解決するものとして注目されるのが、AI技術を使ったOCRソリューションだ。

仕事に“人間らしさ”をもたらすRPAやAI、全社導入のために解決すべき5つの課題

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

AIやRPAといったオーグメンテーション(技術による拡張)によって成果を上げるには、全社的な浸透が鍵となる。その取り組みにおいて多くの企業が直面する5つの課題と解決策を、調査結果から読み解く。

連携先の一元管理により処理性能の高いクラウドへの移行を簡単に

アステリア株式会社

ゴルフダイジェスト・オンラインは、300台あるサーバをクラウドに全面移行。EAIツールをデータ連携基盤として運用していたため、作業は簡単かつ短時間で完了した。

「ai」に関する新着セミナー

AI技術を活用したナレッジマネジメント DX時代のヘルプデスク/運用保守 ~AI活用で攻めの運用へ~ ヘルプデスク編

富士通株式会社

2020/04/10(金)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 運用管理

AI技術を活用したナレッジマネジメント DX時代のヘルプデスク/運用保守 ~AI活用で攻めの運用へ~ 運用保守編

富士通株式会社

2020/04/23(木)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 運用管理

【東京地区】AI-OCR無償ハンズオン!「DX Suite」の実力を体感しよう

株式会社アクシオ

2020/03/13(金)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | 基幹系システム | 情報システム | 運用管理

「ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。