「ai製品比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai製品比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai製品比較」に関する記事情報

ディープラーニングを用いたAIは企業に浸透するのか

ディープラーニングを中心に盛り上がってきた第3次AIブーム。ディープラーニングを活用したAI企業システムが汎用(はんよう)化される日は来るのだろうか。

AI導入「必要」86%、実際の導入率は18%……RPAと混同する声も

「AI」ブームの盛り上がりは衰えを知らず、2019年も技術導入から開発、人材育成など多方面で話題が盛り上がった。調査では、現場のAI利用もさらに現実味を帯びていることが分かった一方で、AIに対する誤った認識も浮かび上がった。

AI導入は苦悩の連続、パーソルは3つの壁にどう立ち向かったのか

パーソルテクノロジースタッフは、求人ニーズと求職ニーズをマッチングさせる業務の効率化を図ろうと、AI(人工知能)を活用したシステムの開発に着手した。しかし、その道のりは苦難の連続だった。

AIやRPA時代に求められる「共感スペシャリスト」とは?

UiPathの代表取締役社長CEOを務める長谷川康一氏は、RPAやAIを活用することの本当の価値は、人間が「共感」する心を持てるようになることだという。

AIがPoCで止まる――費用は100分の1、PoCは15分、嘆きから生まれたAI分析ツールとは

「AI導入は数億単位の費用がかかる」「ツールが難しい」「長期のPoCで取り組みが止まる」――こうした常識を覆し、費用は通常の100分の1程度、現場ユーザーでも活用でき、1回のPoCを15分にまで短縮したAIの分析ツールがある。

音声認識AIがあればセールスの成約率はアップするか

音声認識技術を生かした業務支援サービスが増えつつある。インサイドセールス業務を支援するサービスもリアルタイムで応答内容を分析して会話の作戦を支援する。

AI人材はどこにいる?

日本ではAI人材が枯渇しているとはよくいわれていることだが、そもそもAI人材とはどのような人々を指すのか。またAI活用を進めている企業は、どこから人材を得ているのか。

貴社の資金繰りを判定するAI――FinTechはどこまで進むか

決算書なしで銀行から融資を受けられる時代が来た。各所で進むFinTechを支えるAIはどういったものだろうか。

日本RPA市場に乗り込んだ「Kofax」台頭なるか――感情を読み取るAIで機能強化も

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

AIやRPAの台頭で従業員のスキル不足が深刻化――企業ができることは

PwCが発表した「第22回世界CEO意識調査」の結果によれば「自社の従業員に対して、業務上必須のスキルが不足していることに不安がある」と回答したCEOの割合は約8割に上った。実際にどのような悪影響が出ているのか。

「ai製品比較」に関するIT製品情報

"作る人材"と"使う人材"の2軸で考える、「AI人材」育成の最適解とは?

キラメックス株式会社

さまざまな業界でAIの導入・活用へ向けた取り組みが進む中、AIを活用できる人材の育成が急務となっている。AI人材を社内で育てるには、どのような人材をどう教育すればいいのだろうか。そのポイントを探る。

Excelベースの簡単3ステップで導入、ITスキル不要のAIチャットbotサービス

株式会社リコー

問い合わせ対応業務の負荷削減に有効なAIチャットbotだが、専門知識不足から導入/運用に二の足を踏むケースは少なくない。そこで注目したいのが、タグを1つ埋め込むだけでチャットボタンが設置できる、コスパにも優れたサービスだ。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

2020年脅威動向予測:IoTを狙う攻撃やAIによる“なりすまし”をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2020年は新たな脅威の10年を迎える節目になるといわれており、IoTを狙う攻撃やAIを利用したなりすましなど、新たな脅威の登場が予測されている。セキュリティ専門家の知見を基に、想定されるシナリオと企業が取るべき対策を考察する。

「AI-OCR」はもはや必須? 経費精算システム選びで重視すべきポイント

SCSK株式会社

経費申請・精算業務を効率化する「経費精算システム」。多様な製品の中から自社に合うシステムを選ぶには、重視すべき機能を押さえておく必要がある。注目される「AI-OCR」機能をはじめ、製品選定のポイントを解説する。

「ai製品比較」に関する新着セミナー

RPAだけじゃない!今、注目の「EAI」とは?!パート2 ~デジタルなデータをフル活用する時代へ~

日本電通株式会社

2020/02/25(火)15:00~15:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム | データ分析 | 運用管理

『成果の出た実例に学ぶ、第2世代のAIチャットの選び方』 ~FAQシステムから業務統合ツールへ~

株式会社アイアクト

2020/02/19(水)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員40名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

【東京地区】AI-OCR無償ハンズオン!「DX Suite」の実力を体感しよう

株式会社アクシオ

2020/02/14(金)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | 運用管理

「ai製品比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。