「aiの今後」に近い情報
「aiの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「aiの」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「aiの」に関する記事情報

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/後編

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

契約書レビューAI、日本語リーガルテックの最前線~実務ユーザーに聞く「本当に使える?」

多様な働き方が増える中、多くの人をつなぐスタートアップ企業。華やかさの裏側にあるのは案件ごと、業務内容ごとに発生する大量の法務案件だ。AIを使い、専任担当なしでもリスクなく法務案件をさばく、契約書レビューAIのユーザー企業に実際のところを聞いてみた。

AIの反逆か!? 日本のラーメン店が体験した近未来的イタズラ電話のナゾ:523rd Lap

恐怖の電話か、イタズラ電話か。さまざまな発信元から、ある店にだけ不気味なイタズラ電話がかかる。その背景には賢くなりすぎたAIの影がちらつく………。さて真相は?

自社でできる、かしこいAIの育て方――画像認識の2事例に見る

AI画像認識は魔法のつえではなく、その頭脳を育てるには労力がかかります。さらにその工程をベンダーに任せきりにしては、現場で活用できるレベルにまでAIを育てることは不可能です。「自社で頭脳を育てるなんて無理」「うちにAIスキルを持った人材はいない」――その打開策とは。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

大衆化とは違う “AIの民主化”の本質

第4次産業革命のキーテクノロジーの1つとされるAI(人工知能)。実装に必要な技術の多くがオープンソースで公開されており、多様なサービスに組み込まれるようになった。意識せずにAIを活用する“AIの民主化”が広がる状況だ。本稿ではAIの民主化の現状を概観し、AI活用の課題や企業が活用するための勘所について考えていく。

職人 vs. ディープラーニング、AIの本当の価値とは

日々、日進月歩で進化するAIも、現状では熟練者の「職人ワザ」を再現することは難しいといわれています。AIを活用しても現場の完全無人化は難しいのです。では、今AIを導入する価値とは何なのでしょうか。

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

「aiの」に関するIT製品情報

AIの第一人者が語る“デジタル変革後の世界”、ディープラーニングの未来とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

国内でのAIに対する理解はいまだグローバルスタンダードには程遠いが、その中でディープラーニングをビジネスに結び付けるにはどうすればよいのだろうか。デジタル変革後の世界や日本の姿について、東京大学大学院教授の松尾豊氏に聞く。

企業規模別の傾向変化から読み解く、企業が求める会計システムとは?

株式会社ミロク情報サービス

働き方改革を背景とした業務効率化の推進、AIの活用、消費増税など、企業を取り巻く環境の変化に伴い、会計システムへのニーズや課題も変化している。企業規模別の傾向変化から、自社に適したシステム選びのポイントを探る。

CASBの弱点をAIで補完、「生活パターン」を自動学習するクラウドセキュリティ

ダークトレース・ジャパン株式会社

クラウドの安全を守るには、プロバイダー提供のソリューションや、CASBなどサードパーティーが提供する対策ではどうしても不十分だ。その弱点を補完するものとして注目される、機械学習やAIの活用メリットを解説する。

7つの事例で学ぶAIセキュリティの実力:内部の脅威やIoT攻撃にどれだけ効く?

ダークトレース・ジャパン株式会社

「防御」を中心としたセキュリティ対策の限界が見えてきたことで、「侵入後の検知と対処」を強化すべくAIを活用する企業が増えてきた。そこで本資料では、内部からの脅威や標的型攻撃などを、AIの活用で無害化した7つの事例を紹介する。

未知の脅威への自動対処を実現、9つの事例で探るAIセキュリティの実力とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

脅威の兆候を示す“逸脱”を特定、数秒のうちに無害化するAIの活用は、セキュリティ対策に不可欠なものとなりつつある。マルウェアやフィッシング詐欺、IoTデバイスやクラウド環境など9つの事例から、その実力を探る。

「aiの」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。