「ai 活用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 活用」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 活用」に関する記事情報

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

AIに採用を任せて大丈夫? 運用方法と導入事例

AI技術を採用活動に生かすことで得られるメリットとは。また、AI(人工知能)による評価の精度や人間がAI採用を攻略してしまうリスク、AIを採用に活用する際の注意点なども紹介する。

AIが学生を審査? “採用”に踏み込む最新のAIサービス

機械学習や深層学習といったAI技術を採用に活用するケースが増えてきた。本来は、人が担うべき領域と考えられていた採用活動になぜいまAI(人工知能)が乗り出しているのか。具体的なサービスとともに紹介する。エントリーシートの審査や一次面接にとって代わるようなサービスや、AIが自社で活躍できるポスト「ハイパフォーマー」を探し出すサービスもある。

「マナミさん」「AIリーガルbot」の実力とは? チャットbot最前線

アスクルのECサイト「LOHACO(ロハコ)」の問い合わせ対応をするチャットbot「マナミさん」。誕生秘話と活用ノウハウとは。また、社内の不正を暴く「AIリーガルbot」など、組織内でのチャットbot活用事例も紹介。

AI市場は今後5年間で10倍に成長、注目分野は?

AI(人工知能)を活用したIT製品が続々と登場している。国内における2017年のコグニティブ/AIシステム市場の推定規模は、ユーザー支出額ベースで274億7600万円に達した。

「11万被災市民のため」AIで年間数億円の効果を狙う熊本市、次の5年で何をする?

 4月3日、熊本市は、「クラウドソリューションを活用した働き方改革基盤構築プロジェクト」のスタートを宣言した。5年間の長期プロジェクトであり、自治体として最大規模の「働き方改革」への取り組みとなる。その背景と内実を取材した。

AIは人間の仕事を奪うのか? ビジネス現場の導入実態

読者1549人に聞いた、2018年に注目すべきITトピックス。「AI活用」編では、企業規模別のAI活用実態や課題についてまとめた。

よく分かるAI導入のポイント、事例と「Microsoft AI Platform」の今を学ぶ

AIをビジネスに活用するのために、何に留意すれば良いだろうか。「Microsoft AI Platform」を知り尽くした人材による、ビジネスのためのAIと、選び方の指針を紹介する。

トヨタも参加「深層学習の“話”ができる社会人13万人育成計画」

「謎のAI企業」なんて言っている場合ではない。米中がしのぎを削るAIの産業活用に日本企業が参加するために、13万人の「技術が分かる」企業人を生み出す計画が持ち上がった。

Office 365のAIをどう活用する? 進化するグループウェア

グループウェアにAIが搭載されると、業務はどう変わるのか。進化が進むグループウェアは自動で効率の良い働き方を提案したり、メンタル不調傾向のある従業員を発見したりと、新たな活用法が見いだされている。

「ai 活用」に関するIT製品情報

ディープラーニングを左右する基盤選び、セットアップなく開発に着手するには

富士通株式会社

第3次AIブームのきっかけといわれるディープラーニング技術。その活用には、膨大な学習データを何度も演算処理する必要がある上、学習するための環境構築やシステム選びなどハードルも多い。そこで重要になるのが基盤選びだ。

AIテクノロジーの活用で、顧客中心時代のマーケティングを成功に導く

株式会社日立ソリューションズ

WebやSNSの普及は、マーケティングの在り方を、企業主体から顧客中心の形に変貌させた。それに伴い、企業が顧客から得られるデータは膨大になりつつあり、そのデータを適切に分析してマーケティングを行うニーズも高まってきている。

AIのシステムはどこで動かす? クラウド/オンプレのギャップを解消する方法は

日本ヒューレット・パッカード株式会社

AI活用で重要な、「システムをどこで動かすか」という問題。その選択肢として考えられるのがクラウドだが、自社環境への展開が必要になるケースもある。そこで問題になるのが、オンプレミスとクラウドの違いが生む“ギャップ”だ。

クローズド環境下で、AIを活用したエンドポイントセキュリティは構築できるのか

NECソリューションイノベータ株式会社

マルウェアをはじめとするサイバー攻撃の侵入経路はインターネットからとは限らず、ネットワークに接続しないクローズド環境でも脅威対策はしておきたい。こうしたニーズに応える最新エンドポイントセキュリティはあるのだろうか。

ビッグデータ処理に不可欠、アプリ書き換えなしで永続メモリを活用する方法とは

ネットアップ合同会社

AIやリアルタイム分析では、従来とは異なるレベルのメモリベースデータサービスが必要となる。そこで着目したいのが、アプリケーションの再設計なしでは活用が困難とされてきた、サーバ内の永続メモリ(PMEM)だ。

「ai 活用」に関する新着セミナー

Zabbix 4.0の機能紹介と、Zabbixの応用(ジョブ管理、障害自動対応や、AI防犯監視など)

株式会社オープンソース活用研究所

2019/03/12(火)14:30~18:00

  • 東京都
無料 | 定員70名 | 運用管理

3/7 AI導入で疲弊していませんか?AIチャットボットのよくある誤解と効果的な活用法

株式会社オウケイウェイヴ

2019/03/07(木)15:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | WEB構築

「ai 活用」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。