「ai 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 比較」に関する記事情報

AIの精度を保証する「機械学習品質マネジメントガイドライン」とは?

人の生死や資産に直結する領域にまで手を伸ばそうとしているAIだが、その判断や予測の精度を左右する機械学習の品質については気掛かりなところ。そこで登場したのが、世界でもほとんど例のない、汎用的な品質管理ガイドラインだ。

コンカーが請求書データ自動読み取りのAI-OCR機能に対応、9月に提供開始

2020年10月の電子帳簿保存法改正や経理部門のテレワーク需要の高まりを背景にITベンダー各社が請求書管理のペーパーレス化、オンライン化を支援する機能拡充を急ぐ。コンカーは請求書管理クラウドサービス「Concur Invoice」に、請求書データを自動入力するAI-OCR機能「Remota」を同年9月以降に提供する。

さよなら「Cortana」AIアシスタント戦争に敗れたCortanaの今後は?:574th Lap

「ヘイSiri!」「オッケーGoogle!」「Alexa!」などの“掛け声”でおなじみのAIアシスタント。その一つであるMicrosoftの「Cortana(コルタナ)」の存在を忘れてはいないだろうか。そのCortanaが今、終了の瀬戸際にある。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2020年)/後編

後編では、Office 365/Microsoft 365とG Suiteの機能の認知度および利用率について調査した。WordやExcel、G Mailといった有名ツールを除き、トップそしてワースト1位になった機能とは?

第一生命の書類判定AIは「不確かさ」も自覚、手続きの40%を自動化へ

難読文字やくずし文字、非定型文書を扱うAIには読み取り精度だけではなく「不確かさ」への自覚も重要だ。第一生命が導入するAI-OCR基盤は不確かさを判定して精度を高めるアプローチを取る。

AIは40年前に発売したレトロゲーム「パックマン」を見るだけで再現できるって本当?:564th Lap

ゲームのプレイ画面を見ただけで自動で再現するAIがあるという。誕生から40周年を迎えたパックマンでの研究結果を紹介する。

中堅・中小製造業のRPA導入、AI、IoT活用の実際は? 事例で理解する自動化のコツ

製造系の企業が既存のシステムを生かしながら生産性を高めるには、RPAやAIなどを頼るのも一案だ。機械、現場、基幹系……今ある3つの情報を今あるシステムを生かしながら効率化し、生産性向上につなげる方法を取材した。

国内大手企業でもAI活用に足踏み 「先駆的利用」はわずか7.6%

IDC Japanは、国内大手ユーザー企業を対象に企業のAI活用を調査を。結果を分析したところ、AIを先駆的に活用できている企業はわずか7.6%にとどまることが分かった。

5GとAIに加え、宇宙開発まで実用化間近? 最新技術事例ショウケース

5Gや宇宙衛星、AIなど注目の最新技術は、どう現場で活用されるのだろうか? 2020年から運用や実証実験が始まる事例を取り上げたい。

「インクルーシブな社会」を本気で作る人たち――五感とAIは人類をどう変えられるか

移動の自由をどんな人にも。昭和の時代にはSFの話だった世界を実現しようと複数の企業や研究機関が法人を立ち上げた。3カ年で形を作るという。視覚障害の困難をコンピューターが感覚器官と視覚から支える、現実的なアイデアの話を聞いてきた。

「ai 比較」に関するIT製品情報

企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』

株式会社シーアイエス

企業内のさまざまなシステム上に散在している文書を横断的に検索できるサービス。IBM Watsonを活用し、キーワードだけでなく自然な話し言葉でも検索ができる。

処理時間が2分の1に。高速かつ柔軟なデータ連携基盤を構築

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

ミルボンでは、新たなEAIシステムを導入したことで、データ連携の処理時間を向上させたほか、改修・リプレースが行いやすい業務システム環境を構築することができた。

クラウドメールへの攻撃が深刻化、その脅威動向とAIを活用した有効策を解説

トレンドマイクロ株式会社

クラウド型のメールサービスを利用する企業が増加する中、ビジネスメール詐欺(BEC)やクレデンシャルフィッシングなどの攻撃が巧妙化し、被害が拡大している。その動向と推奨されるセキュリティ対策について解説する。

2020年脅威動向予測:IoTを狙う攻撃やAIによる“なりすまし”をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2020年は新たな脅威の10年を迎える節目になるといわれており、IoTを狙う攻撃やAIを利用したなりすましなど、新たな脅威の登場が予測されている。セキュリティ専門家の知見を基に、想定されるシナリオと企業が取るべき対策を考察する。

AI導入を例に見る データ活用基本の「き」

日本電気株式会社

データ活用はツールを導入するだけで実現するわけではない。成功させるには、自社のデータ活用における課題を特定する必要がある。データ活用を進めるときに直面しがちな8つの課題とその解決策について説明する。

「ai 比較」に関する新着セミナー

商品マスタ登録を自動化!商品属性抽出・推定分類AIによるデータ資産の構築

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/07(水)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員40名 | データ分析

商品マスタ登録を自動化!商品属性抽出・推定分類AIによるデータ資産の構築

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/22(木)10:30~11:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員40名 | データ分析

SAP×ルールベースAIで出来る!変化に強いシステムの実現

マジセミ株式会社

2020/09/29(火)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員90名 | 基幹系システム

「ai 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。