「ai 機械学習」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 機械学習」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 機械学習」に関する記事情報

「モンハンやろうぜ!」機械学習AIでユーザーを呼び戻す、カプコンのデータ活用

スマートフォンゲームは無料で始めていつでもやめられるため、ユーザーの離脱が進むとサービスを継続できなくなる。カプコンはゲームを盛り上げ続けるために機械学習によるデータ分析に取り組んでいる。

AIの精度を保証する「機械学習品質マネジメントガイドライン」とは?

人の生死や資産に直結する領域にまで手を伸ばそうとしているAIだが、その判断や予測の精度を左右する機械学習の品質については気掛かりなところ。そこで登場したのが、世界でもほとんど例のない、汎用的な品質管理ガイドラインだ。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

AI-OCRは、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するOCR(光学的文字認識)技術だ。RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるものとして注目が集まる。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

AIが学生を審査? “採用”に踏み込む最新のAIサービス

機械学習や深層学習といったAI技術を採用に活用するケースが増えてきた。本来は、人が担うべき領域と考えられていた採用活動になぜいまAI(人工知能)が乗り出しているのか。具体的なサービスとともに紹介する。エントリーシートの審査や一次面接にとって代わるようなサービスや、AIが自社で活躍できるポスト「ハイパフォーマー」を探し出すサービスもある。

2018年はAIよりもセキュリティ、IT投資意向調査

企業担当へのアンケートから2018年度のIT投資動向を探る。AI/機械学習、IoTなどのキーワードが挙がる中、今、企業の関心と投資ポイントはどこにあるのだろうか。

わが社にAIを導入するには何をどうすれば良いですか? 「機械学習」の選び方、学習済みか自己学習か、内製か外注か

いろいろな企業がAIを活用して付加価値の高いた商品やサービスを開発し始めている。いまから、自社で機械学習を取り入れる際、何を検討すればよいだろうか。考えられる選択肢と判断基準を紹介する。

機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する

「AI」「機械学習」「深層学習」などが注目を集めるが、用語が乱立しており、違いや使い方が分かりにくい。しかし、チャレンジすれば大きなメリットが生まれる可能性もある。

他言語への自動翻訳を機械学習で、日本マイクロソフトらが協業

自動翻訳が難しい日本語。AIを活用した機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向けたプロジェクトが動き出した。

「ai 機械学習」に関するIT製品情報

AI/機械学習で顧客からの問い合わせ対応を迅速化、事例で学ぶAPI活用の秘訣

Twilio Japan合同会社

SMSやチャット、音声通信を統合し、AIの活用で顧客問い合わせへのタイムリーな回答を実現するとして注目される「コミュニケーションAPI」。その特長を端的に解説するとともに、実際に顧客体験を向上させた2社の活用事例を紹介する。

AIと機械学習で「需給計画」を支援、“真の価値”を引き出す自動化の手法とは?

SAS Institute Japan株式会社

人工知能や機械学習を用いた自動化技術が急速に発展し、さまざまな分野で実用化が進んでいる。その中でも「需要計画」の分野において、新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化を実現する手法を紹介する。

金融機関の2大課題、マネーロンダリング/テロ資金供与対策にAIはどう効く?

SAS Institute Japan株式会社

金融機関でマネーロンダリング対策やテロ資金供与対策の整備が課題となる中、ルールベースの検知エンジンに頼った従来の手法に、限界が見え始めている。そこで改めて注目したいAIと機械学習について、活用の秘訣を探る。

ディープラーニングがエンドポイント防御にもたらす変革とは

ソフォス株式会社

AI、機械学習などとともに知られつつある「ディープラーニング(深層学習)」。昨今ではその仕組みが、エンドポイントセキュリティに活用されはじめている。ディープラーニング機能を統合したセキュリティ対策の特徴やメリットを紹介する。

“2025年の崖”を克服する鍵、データセンターでAIを活用する3つのステップ

日本ヒューレット・パッカード合同会社

国内企業のDXの取り組みが現状のまま停滞し続けると、近い将来に大きな経済損失が発生すると予測されている。この“2025年の崖”と呼ばれる状況を打開するには、AIや機械学習を取り入れ、データセンターをモダン化することが不可欠だ。

「ai 機械学習」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。