「ai 導入コスト」に近い情報
「ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai」に関する記事情報

AIの反逆か!? 日本のラーメン店が体験した近未来的イタズラ電話のナゾ:523rd Lap

恐怖の電話か、イタズラ電話か。さまざまな発信元から、ある店にだけ不気味なイタズラ電話がかかる。その背景には賢くなりすぎたAIの影がちらつく………。さて真相は?

AI型コールセンターの「予測エンゲージメント」、何ができるようになるか

誰にいつどの商品を推薦すべきか、を即時に判定する人工知能(AI)を搭載したコールセンターソリューションが登場。リアルタイムで行動を分析してペルソナを推定するという。

AI翻訳はどこまで実務で使えるか 「100種類超の文書を2カ月で翻訳」を迫られた神戸製鋼の実例

以前から日本語を母語としない従業員を採用してきたが、日本語の読み書きができないスタッフを迎え入れるのは初めてだ。しかし、社内文書の多くは日本語版。そこで自動翻訳サービスを利用することを思い付いた。しかし、セキュリティ、コスト、短期導入と求める条件は多い。神戸製鋼はどうしたか。

自社でできる、かしこいAIの育て方――画像認識の2事例に見る

AI画像認識は魔法のつえではなく、その頭脳を育てるには労力がかかります。さらにその工程をベンダーに任せきりにしては、現場で活用できるレベルにまでAIを育てることは不可能です。「自社で頭脳を育てるなんて無理」「うちにAIスキルを持った人材はいない」――その打開策とは。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

「AIやRPAは、費用対効果が見えない」 中堅・中小企業の経営実態調査

山田コンサルティンググループが「人手不足」や「働き方改革」をテーマに中堅・中小企業の経営者を中心にアンケート調査を実施した。有効回答数は635件。

AI画像認識の導入はベンダー任せでいい? 現場が必ずやるべきこと

AI画像認識の導入や活用において、必要な作業をベンダーに丸投げしては期待した効果が得られないまま取り組みが頓挫したり、システム改修のたびに多額のコストが発生したりしてしまいます。現場で必ず行うべきこととは何でしょうか。キーワードは、「内製化」ではなく「DIY(Do It Yourself)」です。

何で泣いているの? AIが赤ちゃんの泣き声を解読した:517th Lap

言葉によるコミュニケーション手段をまだ取得していない赤ちゃんは、泣くことで何かを伝えようとする。泣き声に意味があるはずなのだが、それを読み取るのは難しい。

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

「ai」に関するIT製品情報

機械学習ソリューションを無償体験 「AIソフトウェアお試しサービス」

日本情報通信株式会社

企業の実データを利用し「IBM Power AI Vision」や「H2O Driverless AI」を使って学習/分析したDeep Learning結果を無償で評価できるサービス。

AI活用を阻む膨大なデータ、インサイトを獲得するために必要なアプローチとは

Splunk Services Japan

AIと機械学習を意思決定に生かす動きが加速する一方、膨大なデータの精緻化に時間や手間がかかり、価値を実感できないケースは少なくない。そこで必要なのが、分析のための準備を終えたデータに対し、機械学習を適用するソリューションだ。

先端テクノロジーを自社の取り組みにどう生かす? 2019年の活用動向を徹底解説

Splunk Services Japan

AIやIoTといった、テクノロジーの進化への対応が求められる現代。企業はどのような影響を受け、またどのような取り組みが求められるのだろうか。そのヒントとなる、2019年の先端テクノロジー活用の動向を解説する。

安全性と利便性を両立、暗号資産「Saifu」を支える暗号鍵管理の仕組みとは?

nCipher Security (Hong Kong) Limited

世界中で活発に取引されている暗号資産。その安全性と利便性を支えているのが、HSM(Hardware Security Module)による厳重な“暗号鍵管理”だ。実際の導入事例を基に、その実力を解説する。

経理への社内問い合わせを半減、事例で学ぶ「AIチャットbot」の実力とは?

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

パナソニックグループのコネクティッドソリューションズ社の経理部門では、増加する社内問い合わせへの対応が大きな負担となっていた。これを解決すべく同社が導入した、社内ヘルプデスク業務に特化した「AIチャットbot」の実力に迫る。

「ai」に関する新着セミナー

あなたの会社のAI戦略を加速させる!機械学習自動化プラットフォーム H2O Driverless AI ご紹介セミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/09/02(月)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | データ分析

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/09/03(火)13:00~14:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

Seceon OTM~ネットワーク監視は人からAIへ AI SOCを実現~(高千穂交易9/5)

高千穂交易株式会社

2019/09/05(木)16:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム | ネットワークセキュリティ

「ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。