「ai 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 価格」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 価格」に関する記事情報

オレオレ詐欺をAIで撃退って、本当にだまされなくなるの?:513th Lap

「母さん? おれおれ、実は……」という古典的な手法から「元号が変わったのでキャッシュカードも交換です」という手法まで、特殊詐欺のバリエーションは多い。いずれも電話がきっかけになるというが、AIで撃退できるのだろうか。

何からはじめる? AI画像認識、3つの活用ステップ

AI画像認識を導入する際に、必ず踏まなければならないステップがあります。例えば、「AIは運用前の事前作業に最も工数がかかる」といわれますが、どのような作業が必要なのでしょうか。図で簡単に説明します。

三井住友銀行が挑むデジタル変革の裏側――AIを活用した業務改革

業務の効率化に頭を抱える企業は多く、三井住友銀行もその1社だった。ヘルプデスクや人事総務、顧客応対など行内には合理化すべき業務が多くあった。これらを効率化するために同社が選んだ選択肢とは。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

職人 vs. ディープラーニング、AIの本当の価値とは

日々、日進月歩で進化するAIも、現状では熟練者の「職人ワザ」を再現することは難しいといわれています。AIを活用しても現場の完全無人化は難しいのです。では、今AIを導入する価値とは何なのでしょうか。

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

「Alexa、このワード共有するね!」 Amazonがスマートスピーカーで盗聴ってホント?:510th Lap

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

もはや議事録係も不要? NTT Comの新AIサービスで会議はどうラクになるか

組織にとって業務の効率化が大きな課題となる中、いまだに効率化が進んでいないのが「会議」だ。NTTコミュニケーションズは、AIを活用して会議の効率化を図ろうと新サービスを発表した。これによって、どこまで会議はラクになるのだろうか。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

「ai 価格」に関するIT製品情報

故障や容量不足を事前予測、ストレージのトラブルを防ぐAI+ビッグデータ活用術

シネックスジャパン株式会社

データ喪失や容量不足といったストレージのトラブルは、従業員のモチベーションや顧客の信用を低下させる危険性がある。こうした悩みを解決するのが、AIとビッグデータを活用した「障害予知機能」で、トラブルを未然に防ぐストレージだ。

Oracleが描く2019年の戦略は? クラウド/AI/自動化の領域で与える影響を読む

富士通株式会社

その動向が業界中から注目されるOracleだが、2019年以降も「クラウド」「AI」「自動化」という3領域への注力は加速するとみられている。各分野における同社の今後の戦略とユーザーに与える影響について、分かりやすく解説する。

AIを賢く育てて現場を革新、「自律型システム運用」を実現するための3ステップ

株式会社野村総合研究所

システム運用を自動化し、プロセス標準化と業務効率化を実現するものとして、AI活用が注目されている。だが、そのメリットを享受するためには、一部の有識者に属人化しがちなナレッジを共有/活用するための“環境整備”が優先課題となる。

CASBの弱点をAIで補完、「生活パターン」を自動学習するクラウドセキュリティ

ダークトレース・ジャパン株式会社

クラウドの安全を守るには、プロバイダー提供のソリューションや、CASBなどサードパーティーが提供する対策ではどうしても不十分だ。その弱点を補完するものとして注目される、機械学習やAIの活用メリットを解説する。

7つの事例で学ぶAIセキュリティの実力:内部の脅威やIoT攻撃にどれだけ効く?

ダークトレース・ジャパン株式会社

「防御」を中心としたセキュリティ対策の限界が見えてきたことで、「侵入後の検知と対処」を強化すべくAIを活用する企業が増えてきた。そこで本資料では、内部からの脅威や標的型攻撃などを、AIの活用で無害化した7つの事例を紹介する。

「ai 価格」に関する新着セミナー

【NEC】NEC the WISE Summit 2019~成果につなげるAI活用のリアル、ここにあり!~

NEC

2019/05/28(火)09:00~17:45

  • 東京都
無料 | 定員400名名 | データ分析

Qlik データアナリティクスツアー ~AI をアナリティクス戦略に活かす

クリックテック・ジャパン

2019/05/30(木)13:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員なし | データ分析

【東京】多数の実践事例から考える 利用者目線のIoT/AI活用とは【エコモット】

エコモット株式会社

2019/05/28(火)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員40名 | ネットワーク機器 | 通信サービス

「ai 価格」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。