「ai 企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 企業」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 企業」に関する記事情報

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

ああ、バレちゃった……、Appleが“秘密裡”に開発中だったアレ:481st Lap

各種センサーとAIを搭載した自動運転車は、自動車メーカーのみならずテック系企業も参入し、研究開発にシノギを削っている。テック系の最先鋒といえばグーグルであり、もちろん自動運転車の開発を進めていることがちょいちょい話題になっている。

AIが名刺管理ツールで人を“マッチング” Sansanのとがった新機能

名刺管理ツールの「Sanan」に新機能が追加された。AI技術によって出会うべき人をレコメンドする「スマートレコメンデーション」他、斬新でかゆいところに手が届く機能を発表。企業のイノベーションと働き方の革新を後押しするという。

AI企業が描く次世代RPA「ブレインロボ」とは?

「知能」としてのAIと、それを実行する「身体」となるロボットやRPAなどを組み合わせることによりビジネス課題を解決するポテンシャルを秘めている。

2018年はAIよりもセキュリティ、IT投資意向調査

企業担当へのアンケートから2018年度のIT投資動向を探る。AI/機械学習、IoTなどのキーワードが挙がる中、今、企業の関心と投資ポイントはどこにあるのだろうか。

AIは人間の仕事を奪うのか? ビジネス現場の導入実態

読者1549人に聞いた、2018年に注目すべきITトピックス。「AI活用」編では、企業規模別のAI活用実態や課題についてまとめた。

RPA、AI、チャットbot、期待はあるが一般化はまだ先

RPA、AI、チャットbot。働き方改革を実現する手段として注目を集める業務効率化のツールだ。ツールへの期待が過熱する中、業務の自動化に関する企業の取り組みはどうなっているのか。

トヨタも参加「深層学習の“話”ができる社会人13万人育成計画」

「謎のAI企業」なんて言っている場合ではない。米中がしのぎを削るAIの産業活用に日本企業が参加するために、13万人の「技術が分かる」企業人を生み出す計画が持ち上がった。

なぜ「Excelだけではもうダメ」か? 営業のデジタル化で真っ裸

SFAを導入したのに業績停滞、営業未達は3期連続、退職者が増え……。どん底を味わった企業が取り組んだ営業改革はどんなものか。そしてAIは営業の仕事を人間から奪うのだろうか。

「ai 企業」に関するIT製品情報

AIテクノロジーの活用で、顧客中心時代のマーケティングを成功に導く

株式会社日立ソリューションズ

WebやSNSの普及は、マーケティングの在り方を、企業主体から顧客中心の形に変貌させた。それに伴い、企業が顧客から得られるデータは膨大になりつつあり、そのデータを適切に分析してマーケティングを行うニーズも高まってきている。

AI用データパイプライン構築術:エッジ、コア、クラウドでI/Oを高速化するには

ネットアップ合同会社

あらゆる業界の企業がAIの導入を急いでいるが、そこで扱われるデータの管理に課題を抱えるケースも多い。エッジからトレーニング、アーカイブに至る一連のデータパイプラインを整備するには、どのような方法が最適なのだろうか。

CVR3倍の実例も――AI活用で迅速かつ的確な行動予測・分析が可能に

Appier Japan 株式会社

急増する自社のデータをマーケティングに生かしたいものの、必要なデータの種類や分析方法に悩む企業は多い。そこで有効なのがAIを利用したデータ分析予測プラットフォームだ。複雑かつ膨大なデータから簡単な操作で予測分析できる。

増え続けるデータに備えて無限の容量を提供できるオブジェクトストレージ

クラウディアン株式会社

AIやIoTの活用促進などにより、非構造化データは日々増えている。多くの企業が膨大なデータの管理と運用に悩むなか、アメリカの公共放送局では、オブジェクトストレージを導入してコンテンツの自動データ保護と高度な検索を実現した。

クラウドより安全に大容量データを保管、再評価されるテープストレージの利点

富士フイルム株式会社

IoTやAIの普及で生成される大容量データの保管に頭を悩ませる企業が増えている。クラウドストレージは安全性に懸念があり、オンプレミスの従来型ストレージの拡張ではコストがかさんでしまう。安全性とコストを両立する保管先が必要だ。

「ai 企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。