「ai プログラミング言語」に近い情報
「ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai」に関する記事情報

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

「Alexa、このワード共有するね!」 Amazonがスマートスピーカーで盗聴ってホント?:510th Lap

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

もはや議事録係も不要? NTT Comの新AIサービスで会議はどうラクになるか

組織にとって業務の効率化が大きな課題となる中、いまだに効率化が進んでいないのが「会議」だ。NTTコミュニケーションズは、AIを活用して会議の効率化を図ろうと新サービスを発表した。これによって、どこまで会議はラクになるのだろうか。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

AIの“順位入れ替え戦略”で成約率が約4倍に ドコモはWeb接客をどう変えた?

サイトを訪れた消費者への“おもてなし”を個別最適化しコンバージョン(成約)につなげるには、単なる“施策のベタ回し”ではダメだ。人の感情はその時々で変化するため、その瞬間に効果的な施策を打つ必要がある。NTTドコモは、AIを使ってこの課題をどう乗り越えたのか。

FinTechの急先鋒、セブン銀行はAIでATMをどう変えるつもりか

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

AI対応の期待膨らむクラウドコンタクトセンターの現在地

顧客接点が多様化するなか、最適な顧客体験、いわゆるユーザーエクスペリエンスを生み出すコンタクトセンターが注目されている。このコンタクトセンターの領域にもAI技術の実装が期待されているが、どんな形で実装されているのだろうか。そんなクラウドコンタクトセンターの今に迫る。

電通が考える「なぜAI開発は失敗するのか」つまずいて分かった4つのワナ

気が付けば、AIを取り入れることが目的化している。そういったケースは往々にしてあることだ。しかし電通はそうした「自己満足のAI開発」に警鐘を鳴らし、これからのAI開発に必要な視点を語った。

AI、RPA? 勤務先の「2019年度注力投資分野」を聞いた結果

キーマンズネット読者1541人に対して、勤務先での2019年のIT投資分野と今関心のある分野について聞いた。投資を予定する分野では2018年の調査結果と比べて大きく伸びを見せた項目があったが、一体どの分野が伸びたのか。

「ai」に関するIT製品情報

未知の脅威への自動対処を実現、9つの事例で探るAIセキュリティの実力とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

脅威の兆候を示す“逸脱”を特定、数秒のうちに無害化するAIの活用は、セキュリティ対策に不可欠なものとなりつつある。マルウェアやフィッシング詐欺、IoTデバイスやクラウド環境など9つの事例から、その実力を探る。

人手による基準のバラつきを解消、AIで進化する脅威検知ソリューション

ダークトレース・ジャパン株式会社

人間がルールを設定するSIEM製品などで“異常”な通信を識別することは、基準のバラつきや非効率な運用といった課題を生む。そこで有効なのが、確率論的判断を用いて機器やネットワークの“生活パターン”を自己学習する「AI」の活用だ。

脅威検知とネットワーク可視化が急務、大規模医療DBを確実に保護する方法とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

大規模医療データベースを確実に保護するため、脅威検知とネットワーク内部の可視化が急務となったメディカル・データ・ビジョン。同社がSIEM製品やプロキシサーバではなく、AIを活用したアプライアンス製品に着目した理由とその効果とは?

属人化しがちなシステム運用をAIで自律化。AI活用のポイントとは?

株式会社野村総合研究所

システム運用は、自動化が進んでいるが、属人化された業務は自動化が難しい。その中で大きく期待されているのが人工知能(AI)だ。はじめから万能なAI活用は難しく、繰り返し学習を重ねることで賢くなっていく。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell EMC

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

「ai」に関する新着セミナー

AI OCRとRPAによるRPA導入の課題と解決策のご紹介 ~ロボPCを休ませない~【東京】

株式会社アクシオ

2019/05/23(木)14:00~17:05

  • 東京都
無料 | 定員100名 | 基幹系システム | 情報システム | PCソフト

AI OCRとRPAによるRPA導入の課題と解決策のご紹介 ~ロボPCを休ませない~【大阪】

株式会社アクシオ

2019/07/05(金)14:00~17:05

  • 大阪府
無料 | 定員40名 | 基幹系システム | 情報システム | PCソフト

AI・RPAによる業務自動化の取り組みセミナー

NDIソリューションズ株式会社

2019/05/23(木)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | PCソフト

「ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。