「ai ソフトウェア開発」に近い情報
「ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「ai」に関する記事情報

「AIやRPAは、費用対効果が見えない」 中堅・中小企業の経営実態調査

山田コンサルティンググループが「人手不足」や「働き方改革」をテーマに中堅・中小企業の経営者を中心にアンケート調査を実施した。有効回答数は635件。

AI画像認識の導入はベンダー任せでいい? 現場が必ずやるべきこと

AI画像認識の導入や活用において、必要な作業をベンダーに丸投げしては期待した効果が得られないまま取り組みが頓挫したり、システム改修のたびに多額のコストが発生したりしてしまいます。現場で必ず行うべきこととは何でしょうか。キーワードは、「内製化」ではなく「DIY(Do It Yourself)」です。

何で泣いているの? AIが赤ちゃんの泣き声を解読した:517th Lap

言葉によるコミュニケーション手段をまだ取得していない赤ちゃんは、泣くことで何かを伝えようとする。泣き声に意味があるはずなのだが、それを読み取るのは難しい。

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

【事例】中国の「保険AI」はどこまで顧客体験を変える? AIの「横展開」を進める平安保険の狙い

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

認識率だけじゃない、AI画像認識で効果を出すために必要な2つの視点

AI画像認識の適用を検討する場合、対象物を何となく認識できた時点で、もうシステムができ上がったかのように勘違いしてしまう方が多いようです。しかし、AIによる画像認識は、全体システムの中の単に1パーツにしか過ぎません。次に何を考えるべきでしょうか。

大衆化とは違う “AIの民主化”の本質

第4次産業革命のキーテクノロジーの1つとされるAI(人工知能)。実装に必要な技術の多くがオープンソースで公開されており、多様なサービスに組み込まれるようになった。意識せずにAIを活用する“AIの民主化”が広がる状況だ。本稿ではAIの民主化の現状を概観し、AI活用の課題や企業が活用するための勘所について考えていく。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

民泊で仰天物件、「清潔なコテージ」を予約したはずだったのに……:514th Lap

民泊という言葉を一般的にしたWebサービスの1つに「Airbnb」がある。個人宅などを中心に宿泊施設と泊りたい客とをマッチングするサービスだ。公式データによれば、191の国や地域で600万件以上の民泊施設が登録されている。

オレオレ詐欺をAIで撃退って、本当にだまされなくなるの?:513th Lap

「母さん? おれおれ、実は……」という古典的な手法から「元号が変わったのでキャッシュカードも交換です」という手法まで、特殊詐欺のバリエーションは多い。いずれも電話がきっかけになるというが、AIで撃退できるのだろうか。

「ai」に関するIT製品情報

申請者の作業時間を30分から3分に短縮、ドームに学ぶ経費精算システム活用術

株式会社BearTail

手作業による経費精算業務の非効率さは、生産性の低下だけでなく、申請者/経理部門双方の不満を招くことがある。クラウド型の経費精算システムでそれらを一挙に解消したドームの事例から、製品選定のポイントと活用の秘訣を探る。

支払処理時間をほぼ“ゼロ”に、事例で学ぶ経費精算システム選びのポイント

株式会社BearTail

ネットプロテクションズでは、以前から利用していた経費精算システムの仕組みが原因で、申請の差し戻しが多発するなど多くの課題を抱えていた。これらを解決するため新たに導入したシステムの選定に当たって、同社が重視した点とは?

Excelと紙による交通費精算から脱却、事例で学ぶ「経費精算システム」の実力

株式会社BearTail

交通費精算の作業の手間や承認の停滞が課題だったファンコミュニケーションズ。その解消に加え、ペーパーレス化の推進や働き方の多様化も狙い、経費精算システムの導入を決めた同社の取り組みから、ツール選びのポイントや効果を紹介する。

AI活用を阻む膨大なデータ、インサイトを獲得するために必要なアプローチとは

Splunk Services Japan

AIと機械学習を意思決定に生かす動きが加速する一方、膨大なデータの精緻化に時間や手間がかかり、価値を実感できないケースは少なくない。そこで必要なのが、分析のための準備を終えたデータに対し、機械学習を適用するソリューションだ。

先端テクノロジーを自社の取り組みにどう生かす? 2019年の活用動向を徹底解説

Splunk Services Japan

AIやIoTといった、テクノロジーの進化への対応が求められる現代。企業はどのような影響を受け、またどのような取り組みが求められるのだろうか。そのヒントとなる、2019年の先端テクノロジー活用の動向を解説する。

「ai」に関する新着セミナー

製造業向け AI画像認識とIoT化の現場適用事例紹介セミナー

パナソニック ソリューションテクノロジー

2019/07/09(火)15:00~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | 基幹系システム

AIと会話しよう!IBM Watson 無料体験コース

株式会社AIT

2019/07/03(水)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員15名 | 開発

【お試し体験説明会】Win7(Vista)が!たった2分で(Python-Pytorch)AI・DL開発機に変身USB

株式会社アーク

2019/06/20(木)13:30~15:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | 情報システム | 開発

「ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。