「ai ソフトウェア開発」に近い情報
「ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「ai」に関する記事情報

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

ひそかに設置されたAIカメラは「ながら運転」を撲滅するか?:532nd Lap

クルマの「ながら運転」は危険だ。特にスマホを操作しながら運転していたことが原因の自動車事故が多発している。スマホのながら運転は飲酒運転よりもはるかに危険だと指摘する専門家もいるほどだ。

RPAとAI-OCR、失敗企業に共通してみられる傾向を専門家が分析

RPAの失敗企業に共通してみられる、ある傾向とは。さらにAI-OCRを活用する際の盲点は。

マクドナルドがAIベンチャーを買収、一体何が始まるのか:530th Lap

日本のマクドナルドの「スマイル0円」サービスに慣れてしまうと、海外店舗のクルーのそっけない態度にびっくりすることがある。今後、スマイルの購入が難しくなるかもしれない。

AI導入で苦戦する企業は何がダメなのか? 陥りやすい失敗パターンと解法

AI(人工知能)を導入しようと考えるも、失敗に終わるプロジェクトは何が問題なのか。計画から導入までのプロセスに潜む陥りやすい落とし穴と注意点を説明する。

被害額2600万円、とうとうAIが「オレオレ詐欺」を働いた?:529th Lap

電話を使った特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺は、電話機の向こうにいる「自分の息子」の声にだまされてしまうというのが定石だ。ここに、いよいよAIが参入してしまったという。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/後編

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/前編

ヒトの仕事を奪うとまで言われ、業務効率化や自動化といった文脈で語られるAI(人工知能)。だが、現在のAIに対する評価はどのようなものか。アンケートを通じて読者に尋ねた。

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

AI-OCRの読み取り精度は既存のOCRと比べてどこまで実用水準に達しているのか。3つのAI-OCR製品を使って、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の認識率の違いをMM総研が検証した。

契約書レビューAI、日本語リーガルテックの最前線~実務ユーザーに聞く「本当に使える?」

多様な働き方が増える中、多くの人をつなぐスタートアップ企業。華やかさの裏側にあるのは案件ごと、業務内容ごとに発生する大量の法務案件だ。AIを使い、専任担当なしでもリスクなく法務案件をさばく、契約書レビューAIのユーザー企業に実際のところを聞いてみた。

「ai」に関するIT製品情報

FAQで解決できない問い合わせの続出を削減できた手段とは?

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

パナソニックのコネクティッドソリューションズ社では、経理部門での問い合わせ対応をAIチャットボットで自動化。経理担当者が生産的な業務に集中できるようになった。

省エネの「小さな積み重ね」に、AI制御の無線LANアクセスポイントのススメ

株式会社日立ソリューションズ

モバイルの利用拡大とともに、無視できないコストがアクセスポイントの電力消費だ。さらなる需要も見込まれる以上、今のうちから省エネを図りたい。求められるのは、必要な時以外は自動的にスリープモードとなるアクセスポイントだ。

AIX上でOracle SEを継続利用するためのソケット数制限問題を解決

日本情報通信株式会社

多くの企業で使われるOracle Databaseだが、最新サーバで動かすとライセンス条件から高価なEnterprise Editionを使わざるを得ない。だがOracle Databaseを使いながらコストを抑えるソリューションがある。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell EMC

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

AIを賢く育てて現場を革新、「自律型システム運用」を実現するための3ステップ

株式会社野村総合研究所

システム運用を自動化し、プロセス標準化と業務効率化を実現するものとして、AI活用が注目されている。だが、そのメリットを享受するためには、一部の有識者に属人化しがちなナレッジを共有/活用するための“環境整備”が優先課題となる。

「ai」に関する新着セミナー

【NEC主催】AI搭載の次世代RPAセミナー ~経理業務の自動化~

日本電気株式会社

2019/10/17(木)10:00~12:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | PCソフト

【東京開催】AI画像認識ソリューション 導入・検討 個別相談会

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

2019/10/18(金)13:30~15:00

  • 東京都
無料 | 定員各日4社名 | 基幹系システム | データ分析 | 開発

【管理職・人事の方向け】AIプロジェクトを 失敗させない方法・社内人材の活かし方

エッジコンサルティング株式会社

2019/10/24(木)13:00~15:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 情報システム | データ分析

「ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。