「ai ソフトウェア開発 自動化」に近い情報
「ai 自動化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 自動化」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「ai 自動化」に関する記事情報

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/前編

ヒトの仕事を奪うとまで言われ、業務効率化や自動化といった文脈で語られるAI(人工知能)。だが、現在のAIに対する評価はどのようなものか。アンケートを通じて読者に尋ねた。

中国の保険AIはどこまで顧客体験を変える? 平安保険の狙い

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

1200人を解雇してまで導入したシステムがたたき出した莫大な損害額はハウマッチ?:456th Lap

 最近、RPA(ソフトウェアロボットによる業務自動化)が話題だ。それによって「ホワイトカラーの仕事が奪われるんじゃないか?」「AIのせいであの職業がなくなるのでは?」みたいな話が持ち上がることもある。

RPA、AI、チャットbot、期待はあるが一般化はまだ先

RPA、AI、チャットbot。働き方改革を実現する手段として注目を集める業務効率化のツールだ。ツールへの期待が過熱する中、業務の自動化に関する企業の取り組みはどうなっているのか。

AI×ロボットで自動化、人間は複雑化するシステム運用から解放されるか?

複雑化するシステム運用の負荷を「人工知能(AI)」と「ロボット」を使って自動化するサービスが登場。1億円以上の運用コストの60%削減も可能になるという。

「ai 自動化」に関するIT製品情報

動画で解説:AIで誰もがデータ保守運用と洞察に富んだ視覚化を実現する時代とは

日本オラクル株式会社

データ活用は、IT部門にもビジネス部門にも負担の重いミッションだと思われがちだ。実際、データ分析には手作業のタスクが多い。機械学習を活用し、データベースの運用・セキュリティ・管理を一挙に自動化・効率化したい。

1分以内の障害復旧と運用自動化を両立、カブドットコムに学ぶIT基盤刷新の秘訣

日本ヒューレット・パッカード株式会社

クラウドセキュリティの国際認証をいち早く取得し、APIによるクラウドサービスの提供に取り組むカブドットコム証券。同社のサービスを支えるのが、APIやAIにより運用負荷を軽減し、コストの最適化を可能にする次世代型インフラだ。

FAQで解決できない問い合わせの続出を削減できた手段とは?

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

パナソニックのコネクティッドソリューションズ社では、経理部門での問い合わせ対応をAIチャットボットで自動化。経理担当者が生産的な業務に集中できるようになった。

AIを賢く育てて現場を革新、「自律型システム運用」を実現するための3ステップ

株式会社野村総合研究所

システム運用を自動化し、プロセス標準化と業務効率化を実現するものとして、AI活用が注目されている。だが、そのメリットを享受するためには、一部の有識者に属人化しがちなナレッジを共有/活用するための“環境整備”が優先課題となる。

AIと機械学習で「需給計画」を支援、“真の価値”を引き出す自動化の手法とは?

SAS Institute Japan株式会社

人工知能や機械学習を用いた自動化技術が急速に発展し、さまざまな分野で実用化が進んでいる。その中でも「需要計画」の分野において、新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化を実現する手法を紹介する。

「ai 自動化」に関する新着セミナー

RPAだけじゃない!今、注目の「EAI」とは?!~自動化ツールのポイントを一挙公開!~

日本電通グループ

2019/11/27(水)15:00~15:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム | PCソフト | バックアップ

業務自動化のプラットフォーム「AEDAN」の中核をなす推論型AI搭載のCorticonを体感

株式会社アシスト

2019/11/27(水)13:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員8名 | 情報システム | 開発

「ai 自動化」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。