「3gto4gの違い 通信」に近い情報
「通信」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「通信」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「通信」に関する記事情報

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

「O-RAN Alliance」とは? 5Gインフラをインテリジェントにする最新規格を解説

5G通信のサービス開始が迫る中、ネットワーク事業者と関連機器ベンダーによる5Gインフラの標準化が急ピッチで進む。今回は、無線アクセスネットワーク(RAN)のオープン化とインテリジェント化を推進するO-RAN Allianceの活動の一端を紹介する。

5G、約7割は自分が何を知らないかも分からない――日本経営者の悲しい実態

アクセンチュアは世界の企業経営層や技術担当幹部など1828人を対象とした第5世代移動通信システムに関する調査結果を発表した。日本では約7割の経営層が5Gに関して、「何を知らないかについても分からない」と回答したことも分かった。

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

DDoS攻撃対策「していない」が約7割 米国通信サービス事業者の闇

米国の通信サービス事業者の約7割がDDoS攻撃を緩和するための対策を講じていないことが分かった。果たして何が壁になっているのか。

5G+IoT+高精細映像が創る「スマートハイウェイ」

渋滞なく、安全で効率よく、しかも快適なドライブができる高速道路。それが「スマートハイウェイ」だ。その実現のコア技術の1つがデータ通信技術。中でも最も期待が寄せられているのが5Gである。5Gがスマートハイウェイにどう組み込まれ、何が実現するのか。その先端実証実験のあらましを紹介する。【訂正あり】

指摘される5Gのボトルネックとは? 6Gにつながる「Beyond 5G」最前線

早くも「5G」の次世代無線通信システムの議論が始まっている。それが「6G」に先駆けてさらなる高速・大容量通信を追求する技術研究開発「Beyond 5G」だ。「5G」に潜むボトルネックとその解決策とは?

5G本格サービス開始前に早くも見つかった脆弱性とは?:503rd Lap

2020年に本格サービスが開始されるといわれる「第5世代移動通信システム」、いわゆる5G。超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延が大きな特徴で期待される。だが深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が見つかってしまった。

まだ現役だったの? ついに「ポケベル」終了も血脈は死なず:492nd Lap

1990年代半ばに爆発的に普及した通信サービスが終焉(しゅうえん)を迎える。「ははん、ポケベルね」と思ったあなたは鋭い。しかしそれは半分正解で半分間違っている。

100万台超の無線デバイスを低遅延で接続可能に!  新無線アクセス方式「STABLE」

多数の無線デバイスが同時接続しても遅延を最小限にして十分な品質で通信できる「超多数接続・低遅延」技術として国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発に取り組んだ「STABLE(ステーブル)」について解説する。

「通信」に関するIT製品情報

IBM i(AS/400)の新たな可能性、AIを使った“攻めのデータ活用”の実現法とは

日本情報通信株式会社

多くの企業の基幹システムに採用されている「IBM i(AS/400)」。“守りのIT”と“攻めのIT”を同時に実現するIBM iならではの活用法には、基幹システムの情報を利用した高度なデータ分析がある。その実現に向けた課題と解決策とは?

月12万円から始められるSIEMソリューション――サイバー攻撃に迅速・適切に対応

日本情報通信株式会社

サイバー攻撃の高度化やクラウド利用に伴うシャドーITの増加など、セキュリティ環境は複雑化の一途だ。さまざまなクラウドのログを取り込み相関分析して判断できるSIEMソリューションが最適だ。

IBM AIX上でOracle DBのコスト抑制、SE継続利用のための「ソケット数問題」対策

日本情報通信株式会社

Oracle Databaseのコストを抑制するためにStandard Edition(SE)を選ぶ場合、サーバソケット数が2つに制限される。これはシステム更改における制約となるが、IBM AIX上でSEを利用している企業であれば、このソケット数問題は回避可能だ。

Crown Jewelの塊であるデータベースをいかにしてサイバー攻撃から守るか?

日本情報通信株式会社

ビジネスの最も重要なデータ「Crown Jewel」、特にデータベースを狙ったサイバー攻撃が増加している。企業に深刻なダメージを与える情報漏えいを防ぐために、データベースの脆弱性を洗い出し、修正することが喫緊の課題となっている。

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」解説、導入に向けて知っておきたいポイントは?

株式会社日立ソリューションズ

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)が注目されている。スループットキャパシティーが従来の4倍になった上、マルチユーザー機能が強化され、音声やビデオなど遅延に敏感な通信にも強くなった。新規格のポイントを確認しておこう。

「通信」に関する新着セミナー

◆TSNについても徹底解説!◆ 車載イーサネット試験ソリューションセミナー

株式会社東陽テクニカ

2019/11/28(木)13:30~16:45

  • 東京都
無料 | 定員80名 | 通信サービス

意外と聞けないセキュリティ・トラブルシューティング・ネットワーク運用監視 の実態ユーザ事例セミナー

株式会社東陽テクニカ

2019/12/03(火)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員100名 | 通信サービス

ユースケースで習得する「顧客対応業務・営業支援業務での活用法」セミナー

AI CROSS株式会社

2019/11/29(金)16:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 通信サービス

「通信」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。