「2018 bcas 新kw」に近い情報
「2018」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「2018」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「2018」に関する記事情報

国内ITサービス市場、成長と引き換えにサービス事業者が抱える課題

2018年の国内ITサービス市場は、5兆6664億円に着地したとみられる。同市場は、2019年以降も緩やかな成長を継続すると予測できる。

エイベックスが「ヒットし続けるエンタメ企業」を目指し奮闘した組織改革の裏側

90年代からヒットを生み続け、2018年も大きなヒットに恵まれたエイベックスグループ。音楽業界は再成長期に差し掛かる中、組織を再編するために構造改革を決意した。同社が目指すは「非連続成長を遂げる企業」だ。

AI、RPA? 勤務先の「2019年度注力投資分野」を聞いた結果

キーマンズネット読者1541人に対して、勤務先での2019年のIT投資分野と今関心のある分野について聞いた。投資を予定する分野では2018年の調査結果と比べて大きく伸びを見せた項目があったが、一体どの分野が伸びたのか。

RPAブームに陰りか 国内RPA市場規模予測とユーザー企業の挙動

2018年度の国内RPA市場規模は、2017年度と比較して大幅成長を見込む。しかし、下半期にはリスクや課題が浮き彫りになり、ブームに陰りが見えた。今後の展望は?

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

「サーバ」シェア(2018年第3四半期)

2018年第3四半期の国内サーバ市場動向は、x86サーバが市場をけん引し前期に引き続いてプラス成長だった。一方で、メインフレームは減少に転じたが、その理由とは。

FIDO2普及元年、脱パスワードで変わる認証システム

パスワードの必要ない世界を実現するといわれる「FIDO」。2018年には、ブラウザでの認証をより便利にする「FIDO2」が発表され、2019年は“脱パスワード”が進むと予想できる。今知るべき、FIDOの各仕様の概要とメリットを解説する。

ERPの導入状況(2018年)/後編

ERPの導入状況を定点観測。今回のアンケートでは、企業情報システムが直面する深刻な問題がいよいよ表面化しつつある兆候が見えてきた。皆が恐れていた事態が現実になりつつあるようだ。

「タブレット」シェア(2018年第3四半期)

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比15.6%減の179万台だった。成長が鈍化した理由は何か。市場をけん引するビジネスモデルは?

「2018」に関するIT製品情報

HCI市場動向:好調を続けるDell EMCとNutanix 「富める者がさらに富む」結果に

Dell EMC

2018年第1四半期のハイパーコンバージドインフラ市場は、Dell EMC、VMware、Nutanixが優位を保ち、急成長するこの分野の大半を占めた。

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

サイバー攻撃レポート2018:「正規」を隠れみのとする標的型攻撃への対策は?

トレンドマイクロ株式会社

2017年に確認された標的型サイバー攻撃では、Windowsの標準コマンドや正規ツールなどを隠れみのとする「気付けない」攻撃がますます増加している。本資料では2017年のサイバー攻撃動向から、有効な対策を探った。

東京から電車で2時間のデータセンターが、BCP/DRサイトとして選ばれる理由

株式会社データドック

北海道胆振東部地震や台風21号など、2018年も大規模災害が国内に大きな被害をもたらした。そこでBCP/DR対策として重要となるのがデータセンターの立地だ。中でも注目される地域の1つ、新潟県長岡市のメリットを紹介する。

DR対策としても注目、震度7の地震にも耐える高性能データセンターの実力は?

株式会社データドック

2018年1月、サーバの高密度集積に対応し、震度7の地震にも耐える次世代データセンターが新潟県長岡市に開設された。クラウドとの競合が激しいデータセンター事業だが、その施設は新規参入した企業によるものだ。同社が見いだした勝算とは。

「2018」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。