「19インチラックサーバー 撤去費用」に近い情報
「19」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「19」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「19」に関する記事情報

エンドポイント対策の役割が変わる!? アフターコロナのセキュリティ動向予測

テレワークが進む中で、セキュリティ対策も新たな環境への対応が求められる。2019年における国内情報セキュリティ市場の実績を振り返りながら、アフターコロナを見据えた今後のセキュリティ対策について、2020年以降の予測を踏まえて解説する。

「クライアント仮想化」シェア(2019年通年)

IDCは、2019年の国内クライアント仮想化関連市場の調査結果を発表した。

COVID-19が3Dプリンタの認知度向上を後押し!? プリンタ市場概観

業務用途で普及している高速印刷が可能なプロダクションプリンタやA2など大型印刷を可能にするラージフォーマットプリンタなどの国内インダストリアルプリンタ市場と、コンシューマーにも広がりつつある3Dプリンタの市場予測を見ていきたい。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

どの世代でも読みやすい文字サイズ、ご存じ? 最新「アクセシブルデザイン」規格

高齢者などに配慮して製品を設計する「アクセシブルデザイン」とは。2019年に新たに制定された4規格の内容とともに紹介する。

紙業務の減少がコロナ禍の“功罪”となるか、最新プリント市場予測

IDCは国内オフィス/ホームプリント市場への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響予測を発表した。コロナ禍による影響で大幅な減少が予測されるプリント市場だが、コロナ禍収束後も市場の持ち直しは難しいと予測される。

グループウェアの利用状況(2020年)/前編

グループウェア市場にはさまざまなプレイヤーが存在し、製品やサービスも多様化している。現在最も利用されているグループウェアを探るために、勤務先で利用しているグループウェアを読者に尋ねたところ、2019年の順位と比べて変化があった。

新型コロナウイルス感染症がICT市場に与えるインパクト

2020年4月現在、世界規模で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっており、日本においては緊急事態宣言が発出されるなど、ビジネス環境での変化も避けられない状況だ。ここで、COVID-19の最新状況を考慮した国内ICT市場予測について見ていきたい。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2019年第4四半期、通年)

音声アシスタント技術の進展により2019年第4四半期および通年のウェアラブルデバイス市場は耳装着型デバイスが大きく躍進した。2019年第4四半期および通年で世界と国内のウェアラブルデバイス市場のトップ5を占めたベンダーはどこか。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

「19」に関するIT製品情報

2020年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えたマルウェアやサイバー犯罪の動向

トレンドマイクロ株式会社

2019年後半、日本でも「EMOTET(エモテット)」の攻撃が本格化。第4四半期には1万件を超え、前期比で61.7倍となった。その拡散経路や、国内最大のサイバー犯罪となったフィッシングの新たな傾向など、国内外の最新脅威動向を解説する。

特有の課題もあるコンテナ環境のセキュリティ問題、NISTの要件をどう実装する?

トレンドマイクロ株式会社

NIST SP 800-190は、コンテナ環境の保護を目的に、米国国立標準技術研究所がまとめたセキュリティ実装のガイドラインだ。開発環境から本番環境にまたがる保護を支援できるが、実装にはコンテナ特有の課題も立ちはだかる。

年間平均被害額は4年連続2億円超、最新調査で見えた法人組織のセキュリティ実態

トレンドマイクロ株式会社

2019年にセキュリティインシデントを経験した法人組織は57.6%に上り、年間平均被害額は4年連続で2億円超という結果となった。経営層の関与状況や、業種特融のインシデントなどを調査したレポートを基に、今後組織が取るべき対策を探る。

2019年第3四半期最新脅威動向:“認証情報”に関する3つの脅威をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2019年の第3四半期、国内では認証問題に関連した脅威が顕著化する一方、海外ではランサムウェア、ビジネスメール詐欺の被害が拡大した。これらに対し、企業はどういった対策を取る必要があるのか。専門家の知見を基に考察する。

AWSの大規模障害を機に考える、パブリッククラウドでの障害対策の最適解とは?

サイオステクノロジー株式会社

2019年に発生したAWSの大規模障害を契機に、パブリッククラウドでのIaaS利用における障害対策が改めて検証されている。その代表的な4つの手法を紹介するとともに、特に“止められない”基幹系システムにおける障害対策の最適解を探る。

「19」に関する新着セミナー

テレワーク対応 図面専用PDFソフトウェアBluebeam Revu 2019ご紹介セミナー

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

2020/08/06(木)16:00~16:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員30名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | PCソフト | 開発

テレワーク対応 図面専用PDFソフトウェアBluebeam Revu 2019ご紹介セミナー

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

2020/09/03(木)16:00~16:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員30名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | PCソフト | 開発

【オンライン研修】上級プロジェクトマネジメント 【3日間・21PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2020/09/09(水)09:30~2020/09/11(金)18:00

  • オンラインセミナー
192,500円(税込) | 定員20名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「19」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。