「顧客深耕日報」に近い情報
「顧客」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「顧客」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「顧客」に関する記事情報

これから5年でCRMはどう変わるのか、ガートナーが2018年版“未来予想図”を発表

ガートナー・ジャパンが「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。顧客の満足度を上げ、収益を最大化するための新しい技術にはどのようなものがあるのか。30項目のキーワードが並んだ。

チャットbotとは? 活用するために何が必要? 今さら聞けない基礎知識

チャットbotはto Bやto Cビジネスでの顧客接点で、人による対応負荷の削減と顧客満足度向上に役立つのはもちろん、In Bでの活用も増えると予想されている。その概要とメリット、そして利用方法を整理しておこう。

SFAとMAの視点から見た中堅・中小企業のCRM実像

顧客との関わりを考えていく上で重要なCRMだが、中堅・中小企業においての状況は? 調査データを基に概観する。

行動追跡、可視化、画像認識技術とマーケティングの関係

顔認証の精度が向上したことで、顧客の行動分析が可能となった。、販売やサービス業で新しい「おもてなし」を実現するサービスが登場する。

「顧客よりも社員が大事」一風変わった“デル流”働き方

「従業員をないがしろにする日本企業は間違っている」――従業員満足度と生産性の相関に着目したデルの働き方改革にはファシリティ改善と組織運営のノウハウが詰まっていた。ヒントは7つの働き方にある。

客単価が36%アップ、顧客の情報を吸い上げる「バーコード」の使い方

バーコードをスキャンすることで、商品の情報を多言語で表示させ、顧客に商品の魅力を伝えるサービスがある。バーコードを介して「伝える」とは一体どういうことか。

情報分析基盤を内製したLIXIL、デジタル変革の道のりは「名寄せ」から?

顧客接点を最適化するには5社の顧客を名寄せしなければ始まらない。自社で試行錯誤を繰り返し、内製で新しい「顧客情報分析基盤」を構築したLIXILの狙いを聞いた。

「あの社員辞めそう」「この顧客は上確度」 文章からあぶり出すAI「KIBIT」

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

バリ取りメーカーによる業務改善プロジェクト、脱Salesforceで「管理部門」が作り上げた顧客案件管理システムとは

金型をはじめ自動車などの製造現場で使われる研磨用の砥石やバリ取り用の工具を製造販売するジーベックテクノロジー。同社の情シスでない管理部門の一担当者が、顧客案件管理システムを構築した。その軌跡を追う。

若者は電話しない、セールスフォースがオムニチャネル機能を強化

若者の電話離れに伴い、企業は顧客対応方法の変革が必要だ。CRMも見直す必要がある。Salesforce Service Cloudは一体どのようなチャネルとつながるのか?

「顧客」に関するIT製品情報

人だからできるサービス提供、CXを向上させるコンタクトセンターの品質管理

富士通株式会社

顧客マネジメントでCXが注目され、コンタクトセンター運営においてもこのCX向上が重視されている。今まで以上に顧客接点の機能が必要となり、運営モデルに転換が求められる中、コンタクトセンターの品質管理とはどうあるべきだろうか。

コンタクトセンターの変遷に伴い、人材育成はどう変わったか?

富士通株式会社

通信環境や技術の進化により企業のサービスが大きく変化する中、顧客との接点である「コンタクトセンター」の役割も変化している。黎明期から現在にかけての変遷と、その中でポイントとなっている人材育成の変化について解説する。

3ステップで始めるデジタルマーケティング――成功のためのデータ活用術

株式会社日立ソリューションズ

顧客の個々の行動を踏まえたアプローチを行う「デジタルマーケティング」が注目されている。ここではそれを「カスタマーエクスペリエンス」「顧客ロイヤルティ」「顧客分析」の3つのステップで整理し、それぞれの最適な戦略を紹介する。

AIテクノロジーの活用で、顧客中心時代のマーケティングを成功に導く

株式会社日立ソリューションズ

WebやSNSの普及は、マーケティングの在り方を、企業主体から顧客中心の形に変貌させた。それに伴い、企業が顧客から得られるデータは膨大になりつつあり、そのデータを適切に分析してマーケティングを行うニーズも高まってきている。

顧客データを意思決定に生かす、「データサイエンス」活用のための環境構築術

株式会社セールスフォース・ドットコム

膨大な顧客データから意味のある情報を抽出して意思決定に生かす「データサイエンス」の力を高めるには、情報を誰でも簡単に役立てられる環境が必要となる。その核となる、分析プラットフォームに求められる要件とは何か。

「顧客」に関する新着セミナー

デジタルトランスフォーメーションサロン ~潜在顧客を創り出すBtoBのカスタマージャーニー設計~

ネットイヤーグループ株式会社

2019/03/07(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | WEB構築

WEB・モバイルにおける顧客行動の可視化を体験/Tealeaf on Cloud ハンズオンセミナー

日本情報通信株式会社

2019/03/05(火)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員15名 | データ分析 | WEB構築

顧客の期待に応えるソリューション構築のためのビジネス分析手法

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/03/14(木)09:30~2019/03/15(金)18:00

  • 東京都
12万528円(早割)〜12万9600円(定価)/税込 | 定員20名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「顧客」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。