「難読化 暗号化 違い」に近い情報
「暗号化 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「暗号化 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏えいのリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏えいを防ぐ。

「暗号化 違い」に関する記事情報

無線LANの新たなセキュリティ規格「WPA3」とは何か?

無線LANのセキュリティの根幹をなす暗号化には細心の注意を払うべきだ。2018年6月、Wi-Fiアライアンスは「WPA3」を発表した。

伸びるデータ保護対策市場、GDPRが追い風か

企業における情報保護対策は、個人情報保護法の改正やGDPRの施行により重要度が増した。暗号化製品やDLPの市場規模はどの程度伸びるのか。

WPA2の脆弱性「KRACKs」とは何か?

無線LANで利用される通信規格「WPA2」で、「暗号化通信が破られる脆弱性が見つかった」というニュースが世界中を駆け巡った。

ドローン映像をリアルタイムに暗号化する「動画データ完全秘匿中継」とは?

ドローンの操縦制御と映像通信を乗っ取りや盗聴から防ぐ動画データ完全秘匿中継技術が登場した。ワンタイムパッド暗号とは何か?

認証への意識の低さが「データ暗号化」を台無しにする理由

データを暗号化するだけで、情報が守られるわけではない。ユーザーIDやパスワードといった認証のための情報が流出したら、暗号化したデータは容易に復号できてしまう。

ランサムウェアの身代金、300万円以上支払った人も

トレンドマイクロが「企業におけるランサムウェア実態調査2016」を発表。暗号化されてしまった被害者の6割が身代金を支払ったという。

「ファイル暗号化ソリューション」で現状の運用を変えず、データを守るには?

数々の情報漏えい事故の報道を受け「ファイル暗号化ソリューション」が注目を集めている。さまざまな暗号化の方式やクラウドとの親和性など、社内にどのような形でインプリメントするのが最適なのかを考える。

「流出する」ことを前提とした情報漏えい対策 ファイル暗号化ソリューションとは?

相次ぐ情報漏えい。強固なセキュリティ対策を施しても、小さな抜け穴から大きな被害につながるケースが増加中だ。そこで情報が流出したとしても“データの中身”を守るファイル暗号化ソリューションについて考える。

卑劣な「ランサムウェア」から身を守るために

ランサムウェアはPCの中にあるデータを暗号化し、解除のための“身代金”を要求する悪質なマルウェアだ。

ランサムウェア、法人への攻撃が急増

感染するとPC内のファイルを勝手に暗号化して“人質”にとってしまうランサムウェアの脅威が続く。特に法人を狙った攻撃が活発化し、被害は「過去最悪」という状況だ。

「暗号化 違い」に関するIT製品情報

「可視化&暗号化」で実現するファイルサーバの強固な情報漏えい対策

日本電気株式会社

企業のファイルサーバには重要情報が多く潜みがちだが、人手による管理だけではミスが発生しやすく、情報漏えいのリスクが残りやすい。機密情報の発見やアクセス権の適正化、暗号化など複数の対策を組み合わせる方法が効果的だ。

あらゆる脅威から機密データを保護、調査で見えた「暗号化戦略」成功への道筋

nCipher Security (Hong Kong) Limited

企業が保有する機密データを保護する上で、欠くことのできないものとなった「暗号化技術」。その導入と活用には、依然として幾つもの困難な課題が残されている。これらを解消し、企業の暗号化戦略を成功に導く方法とは?

これからの「データ暗号化」で重要な機能は? 信頼性と確実性を高めるための鍵

nCipher Security (Hong Kong) Limited

クラウドやIoT、ブロックチェーン、デジタル決済などの技術がビジネスの在り方を変革する一方、重要データを取り扱う際のセキュリティリスクも高まっている。その対策において重要な暗号化戦略で鍵となる技術や製品とはどのようなものか。

ワークスタイル変革で直面、「情報漏えいリスク」の増大にどう備える?

株式会社日立ソリューションズ

ワークスタイル変革に向けた環境整備では、今まで以上に内部不正対策やマルウェア対策が重要となる。そこで利用したいのが、デバイス制御やデータ暗号化、ネットワーク制御などのさまざまな機能で情報漏えいを防ぐセキュリティサービスだ。

巧妙化する「なりすまし」メール、対策のカギはドメイン認証と暗号化にあり

NECソリューションイノベータ株式会社

ビジネスメール詐欺の「なりすまし」には、ウイルス添付や悪質URLへの誘導がないため、従来型セキュリティでは対応が難しい。こうした中、有効な対策として注目されているのが「通信経路の暗号化」とDMARCによる「送信ドメイン認証」だ。

「暗号化 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。