「開発プラットフォーム 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発プラットフォーム 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発プラットフォーム 比較」に関する記事情報

脱Excelニーズは満たされるか? 「業務アプリ開発プラットフォーム」の選び方と注意点

Excelをフル活用中の企業は、マクロの改修や共有に課題を抱えている。解決法に業務アプリ開発プラットフォームが挙げられるが、どのようにExcelから移行できるのか。

脱Excelに効く「業務アプリ開発プラットフォーム」

Excel作業は何がダメなのか? Excel方眼紙や集計、分析、進捗管理などでExcelを活用すると何が問題なのか。業務アプリ開発プラットフォームによる脱Excelの方法を紹介する。

「開発プラットフォーム 比較」に関するIT製品情報

ベンダーによる囲い込みを回避、クラウド移行におけるコンテナ戦略の最適解

レッドハット株式会社

多くの組織にとって、インフラのクラウド移行はもはや避けて通れない段階に来ている。そこで懸念されるのは、クラウドベンダーによる開発プラットフォームの実質的な囲い込みだ。これを回避し、自由な開発環境を手に入れる方法を探る。

煩雑なブランチ管理を改善、GMOフィナンシャルHDが開発環境刷新で得た5つの効果

ギットハブ・ジャパン合同会社

GMOフィナンシャルホールディングスでは、集中リポジトリ型バージョン管理システムによる開発を行っていたが、生産性に課題を抱えていた。マージ作業の煩雑さやエラーの多さを解消するため、同社が選んだ新たな開発プラットフォームとは?

「auでんきアプリ」を4カ月でアジャイル開発、KDDIが選んだプラットフォームは

ギットハブ・ジャパン合同会社

KDDIでは、アジャイル開発を実践する中で、スピード感とコラボレーションの欠如を解決するため、開発プラットフォームの刷新に取り組んだ。従来環境の課題を解消し、わずか4カ月での「auでんきアプリ」の開発を実現したその実力に迫る。

ZOZOを支える開発プラットフォーム、クラウド移行で得られたメリットとは?

ギットハブ・ジャパン合同会社

ZOZOグループのサービス運用と技術開発を担うZOZOテクノロジーズでは、オンプレミスサーバへの物理的な負荷増大と維持管理に課題を抱えていた。それらを解消するため、同社は開発環境のクラウド化を決意する。

ブラザー工業に学ぶチーム開発、生産性・技術力・品質を向上させる秘訣とは?

ギットハブ・ジャパン合同会社

サーバOSの保守期限終了を機に、開発環境のモダン化を目指したブラザー工業。その手法として同社が注目したのは、ソフトウェア品質の向上や社員の技術力の向上、開発者同士のコラボレーションまで可能とする開発プラットフォームだった。

「開発プラットフォーム 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。