「開発 it」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発 it」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発 it」に関する記事情報

外部人材活用のトレンドはDX? IT戦略におけるアウトソーシングの最新事情

ガートナーは国内企業のITソーシングに関する調査結果を発表した。同調査では、企業のIT戦略遂行における開発、運用保守などのアウトソーシングの位置付けやデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みにおけるベンダー活用の意向を尋ねた。

カルビー、出社率を3割以下に抑制する新人事制度をスタート 出社率管理で人事が目をつけたITツールとは

カルビーはオフィス勤務の従業員の出社率30%を実現するため、新たな業務アプリを開発、運用を開始した。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

地銀を巻き込み中小企業の経営改革に乗り出すfreee、金融機関のAPI連携で何が変わるか

freeeが銀行API連携をきっかけに、地方中小企業の経営革新や地銀のサービス開発支援に乗り出す。サービスのOEM提供も視野に、日本中の中小企業の経営力強化や資金調達支援をITと経営支援の両面から支える。

業務システム「ベンダー都合のサポート終了」に読者の声は? 「第3の選択肢」も

この数年でサポート終了や提供終了を予定する業務システム基盤は少なくない。ITベンダーの開発やサポート体制を考えると仕方がないこともあるが、ユーザー企業にとっては「とばっちり」で予算確保に奔走しなければならないやっかいな問題だ。読者らの現状を探った。

PoCとは? 実証実験との違い、進め方、成功の秘訣(ひけつ)を解説

ITツールの導入やシステム開発といった文脈で耳にすることの多い「PoC(Proof of Concept)」。実証実験との違いや具体的な検証内容、進め方、成功のポイントなどを専門家に伺いました。

日本企業も注目する「Hyperledger Fabric」とは何か

世界的なIT企業や製造業だけでなく、日本の大手金融機関やSIerも注目するオープンソースの分散台帳ソフトウェア開発プロジェクトが日本で始めて「Meetup」を開催。最新の動向を追う。まずは基礎情報を整理しよう。

キヤノンITSが「純国産・独自技術」から脱却、GURDIANWALL新ブランド

やはり純国産を続けるのは厳しいのか? キヤノンITソリューションズがこれまで19年間独自開発を続けてきたセキュリティツールGURDIANWALLを、刷新することが判明した。

キヤノン技術者が語る組織改革の手法――AWS Summit 2016 事例(3)

自社のソフトウェア開発体制をどうすればイノベーティブに変えられるか。開発部門の課題を「APIで会話する」ことで解消したキヤノンの事例を紹介する。

KDDIの新サービスがAWSを採用した理由――AWS Summit 2016 事例(1)

KDDIの新サービスは、なぜパブリッククラウドサービスを採用したのか。プロジェクト責任者と開発担当者に選定事情を聞いた。

「開発 it」に関するIT製品情報

超高速開発/ローコード開発「Web Performer」

キヤノンITソリューションズ株式会社

超高速開発により、ビジネス全体の省力化と生産性向上をサポート

ITサービスマネジメントの根幹、「構成情報」が古くて使えない状況をどうする?

株式会社野村総合研究所

ITILに基づくITサービスマネジメントを実践する多くの企業が、その根幹となる「構成管理」に課題を抱えている。開発速度が増し、システム変更が頻繁に行われる現在、構成情報を陳腐化させず、最新の状態で保つにはどうすればよいだろうか。

指静脈認証時の秘密鍵アクセスをHSMで保護し、安全性強化

nCipher Security (Hong Kong) Limited

Hitachi Europeでは、自社グループが開発したBioPKIのセキュリティ強化を目指しHSMを導入。高い安全性を誇るソリューションを提供できるようになった。

ゴルフダイジェスト・オンラインが実践したIT開発管理の可視化

サイフォーマ株式会社

プロジェクト管理に課題を抱えていたゴルフダイジェスト・オンライン。同社が実践した、管理ツールの共通化とプロジェクトの可視化を実現するための解決策とは?

フルクラウド化のメリットを最大活用、ゼンリンデータコムが選んだ移行方法とは

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ITシステムのフルクラウド化は、大きなメリットがある選択肢だが、想定外のコスト増や開発期間の長期化も懸念される。ゼンリンデータコムが、こうしたリスクを解消しつつ、フルクラウド化のメリットを全面的に享受できた理由とは?

「開発 it」に関する新着セミナー

テレワーク時代のIT人材育成とコミュニケーション 〜テレワーク下で成果を上げ続けるために必要なこととは?〜

株式会社GKI

2020/10/02(金)15:00~16:30

  • 愛知県
無料 | 定員20名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | ネットワークセキュリティ | 開発

テレワーク時代のIT人材育成とコミュニケーション 〜テレワーク下で成果を上げ続けるために必要なこととは?〜

株式会社GKI

2020/10/02(金)15:00~16:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | ネットワークセキュリティ | 開発

「開発 it」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。