「開発 由来」に近い情報
「開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発」に関する記事情報

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

“野良Slack”を組織に取り込み決裁時間を大幅削減 DeNAの現場はどう変わったか

エンジニアのコミュニケーションツールとして人気に火が着いた「Slack」。今では、開発の現場だけでなく業務部門での利用も進み、システム連携により業務を効率化するツールとしても存在感を増す。DeNAはSlackの利用を現場から組織に拡張したことで、現場の業務は大きく変わったという。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

指摘される5Gのボトルネックとは? 6Gにつながる「Beyond 5G」最前線

早くも「5G」の次世代無線通信システムの議論が始まっている。それが「6G」に先駆けてさらなる高速・大容量通信を追求する技術研究開発「Beyond 5G」だ。「5G」に潜むボトルネックとその解決策とは?

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

開発者を悩ます「ソフトウェアアーキテクチャ選定」 迷った時に使える3つの判断基準

さまざまなソフトウェアアーキテクチャが存在する中で、プロジェクトに合ったものを選ぶには何をよりどころにすれば良いのか。こうした開発者の悩みに対して、本連載を通してその答えを探る。新規アプリ開発を発注するなどプロジェクトに関わる際の参考としてほしい。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

「開発」に関するIT製品情報

エンタープライズRPAに求められる4つの要件:全社規模での活用を実現するには?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社活用など、大規模環境でのRPA導入においては、将来を見据えたさまざまな要件の検討が必要となる。ロボットの開発や管理、拡張性など、エンタープライズ企業がRPA活用において直面しがちな4つの課題と、解決法を解説する。

大規模システム開発の生産性を向上させたプロジェクト管理ツールとは

株式会社野村総合研究所

システム開発の課題として、会議やメールの多さに悩まされ、進捗管理やチーム/拠点間の状況可視化がうまくいかず、生産性が上がらないというものがある。開発業務の標準化/自動化ノウハウがない企業が、これを解決する方法とは?

アプリケーション開発を加速するAPI、その適切な制御・管理の手法とは?

Dell Boomi

顧客などとの交流や情報共有に欠かせない、対話型UIを実装するアプリケーション。その迅速かつ柔軟な開発を支えているのは、数々のAPIだ。APIを適切に制御、管理できる環境を整えることが、組織のビジネス成長の促進につながる。

ローコード開発でニーズと効率性を両立、モバイルやクラウドへの拡張も容易に

Dell Boomi

ワークフローアプリケーションは多様なシーンで必要とされているが、求められる機能を正攻法で開発するのは負担が大きい。そこで注目されるのが、既存アプリケーションやクラウドと容易に連携できるローコード開発プラットフォームだ。

ネット通販に追随できる受発注管理を――老舗食器卸売企業の基幹システム刷新術

日本オラクル株式会社

老舗の食器卸売業であるアイトーは、新たに取り組んだネット通販事業が拡大するにつれ、自社開発の基幹システムに限界を感じていた。ネット通販のスピード感に対応し、膨大な受発注管理を効率化するため、同社が構築した新システムに迫る。

「開発」に関する新着セミナー

IT部門を変革:アジャイル開発/マイクロサービス/DevOpsの役割

株式会社日立製作所

2019/09/26(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員18名 | 基幹系システム | 運用管理 | 開発

【1Dayで学ぶ】Jenkinsパイプライン 基礎(トレーニング)

テクマトリックス株式会社

2019/11/14(木)09:30~17:00

  • 東京都
110000円(税込) | 定員8名 | 開発

【1Dayで学ぶ】Jenkinsユーザートレーニング(入門者向け)

テクマトリックス株式会社

2019/10/23(水)09:30~17:00

  • 東京都
110000円/税込 | 定員8名 | 開発

「開発」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。